カギの生活救急車が選ばれる4つの理由

理由01 東証1部・名証1部 上場企業 業界最大級の実績

拠点数2,270店、月間30,000本のお電話、これまでの施工件数240万件以上と、お陰様で、皆様に選ばれて、業界トップクラスの実績だからこそご提案できる安心のカギ開け技術です!

理由02 日本全国年中無休で対応! 駆けつけ最短15分!

日本全国に拠点があるので、どこでもすぐに出張対応が可能です!駆けつけは最短15分で、急なトラブルにも迅速に対応が可能です。

理由03 安心の明朗会計! 出張/キャンセル/見積もり無料!

費用に関するお悩みやご負担を少しでも解決するため、わかりやすい料金体系にてご案内しております。出張・お見積り・キャンセルはすべて無料、また作業後の追加料金もございません。

理由04 実績数39万件!お客様満足度98.9% カギ開けのプロが対応いたします!

カギトラブルにはカギのプロがスピーディに駆けつけ対応いたします。実績数240万件、お客様満足度98.9%という結果に満足せず、これからもお客様に安心してご依頼いただけるよう尽力してまいります。

選ばれる理由を詳しく見る

サービスの流れ

  • トラブル発生
  • STEP01 お問い合わせ(ヒアリング)
  • STEP02 スタッフが到着
  • STEP03 お見積り
  • STEP04 施工
  • STEP05 完了(お支払い)

ここまでの作業はすべて無料です

お支払方法は現金・クレジットカード決済が可能です

※一部パートナー店・エリアによりカードが使えない場合がございます。
※対応エリア・パートナー店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

お客様の声

大阪府高槻市 A様

帰り着いてから鍵がないことに気付いて

仕事を終えた帰り道、「もうあと少しで自宅につく」というタイミングで鍵がないことに気付きました。夜だったので、マンションの管理人さんも不在。スペアキーもなかったのでどうしようかと思い、携帯片手にあちこち連絡しました。やっと見つかった業者さんは遅い時間でしたが、すぐに駆けつけてくださり迅速に対応してくれたので感謝しています。こうした緊急事態にありがたい存在でした。

千葉県柏市 S様

インロックをした時に助かりました

友達とのドライブ中、うっかりキーを付けっぱなしで車のドアを閉めてしまいました。どうすることもできずに途方に暮れましたが、たまたま友達がスマホを持ったまま車外に出ていたのでネットで調べて出てきた鍵業者を呼んでくれました。待たされるだろうと思っていましたが、電話をしてから来てくれるまでの時間が早く、作業も一瞬でとても丁寧でした。初めてのことだったので不安な気持ちもありましたが、無事にドライブを続けることもでき良かったです。

広島県呉市 E様

鍵をなくしてしまった時

帰宅し家に入ろうとした時、鍵をなくしたことに気づきました。多分帰る途中で落としてしまったのですが、どこで落としたのかもわからなくて探すこともできなかったので、鍵を開けてくれる業者をスマホで探して、こちらにお願いしてみました。遅い時間なのにすぐに駆けつけてくれ、鍵もあっという間に開けてもらえて本当に良かったです。また、現金をあまり持っていなかったので、クレジットカード払いできたのも助かりました。

福岡県北九州市 K様

頼りになるスタッフの方でした

共働きをしているのですが、小学生の息子に鍵を持たせるのは不安なので決まった場所に鍵を隠していました。ある日、仕事から帰ると息子が外で待っていて、鍵がいつもの場所にないとのことで。結局、鍵は見つからなくて誰かに盗まれた可能性もあるので怖くて。ネットで調べ、カギの生活救急車に電話して鍵を取り換えてもらうお願いをしました。電話の対応も良くすぐに来てくれたスタッフの方は親切で作業のスピードも速く、とても助かりました。

お客様の声を見る

よくある質問・トラブル一覧

よくある質問

よくある質問を見る

トラブル解決&料金事例

  • 玄関のドアノブ修理

    ドアノブ 福岡県福岡市

    ご相談内容

    玄関ドアのレバーハンドルがグラつくので、修理をお願いします。

    作業内容

    変換のドアノブがグラつくとのことで、ネジの増し締め作業をさせて頂きました。

    ・実際の料金
    玄関レバーハンドル修理 軽作業(ネジ締め込み) 8,000円

    (税込)8,000

  • 玄関鍵抜き

    鍵抜き 埼玉県さいたま市

    ご相談内容

    自宅の鍵が抜けなくなってしまったので、修理をお願いします。

    作業内容

    鍵が抜けないので、鍵抜き作業を行いました。

    ・実際の料金
    玄関鍵抜き 8,640円

    (税込)8,640

  • 玄関のドアノブ修理

    ドアノブ 大阪府堺市

    ご相談内容

    玄関のドアノブが外れてしまったので、修理をお願いしたいです。

    作業内容

    玄関のドアノブが外れてしまったので、修理を行いました。

    ・実際の料金
    玄関プッシュプルバー修理 軽作業 8,640円

    (税込)8,640

  • ロッカーの解錠

    鍵開け 愛知県名古屋市

    ご相談内容

    ロッカーの鍵をなくしてしまったので、解錠作業をお願いします。

    作業内容

    事務所のロッカーの解錠をさせて頂きました。

    ・実際の料金
    ロッカー解錠 3ピン以下 8,640円

    (税込)8,640

  • 金庫解錠

    鍵開け 東京都練馬区

    ご相談内容

    金庫のカギが開かなくなってしまったので、解錠作業をお願いします。

    作業内容

    ダイヤル式金庫の解錠をさせて頂きました。

    ・実際の料金
    金庫 解錠 10,800円

    (税込)10,800

  • 自動ドアの鍵交換

    鍵交換・取付 神奈川県横浜市

    ご相談内容

    鍵の製作をお願いしたいです。

    作業内容

    ドアの鍵を紛失してしまったので、NLS社製品の鍵に交換いたしました。

    ・実際の料金
    店舗入り口鍵取付 簡易錠 10,800円
    NLS社製品 部品代 3,132円

    (税込)13,932

鍵開けを専門業者に依頼するべき理由とは?

鍵はわたしたち自身をはじめ、わたしたちの大切なものを守る重要なセキュリティのひとつですが、ひとたび鍵が開かなくなると、今度はわたしたちが窮地に立たされます。家や車に入ることができない、金庫に入れた貴重品を取り出すことができないなど、どれも一大事です。
鍵が開かないトラブルは、さまざまな場面で、さまざまな原因によって起こりえます。無理に自力で解決しようとしても、かえって事態を悪化させる場合がありますので、鍵開けの専門業者に依頼するほうが望ましいでしょう。
では具体的に、どのような場面で専門業者に依頼するべきなのでしょうか。鍵開けの専門業者に依頼するべき場面を、理由とともにご紹介いたします。

玄関や鍵付き部屋など、扉の鍵開けを依頼するケース

なんらかの原因によって扉の鍵が開けられず、中へ入ることができない、または外へ出ることができない場面では、誰もが取り乱してしまったり混乱してしまったりする可能性があります。しかし、焦って自力でこじ開けようとすると、事態を悪化させてしまうことがあるため落ち着いて鍵開け業者に依頼するようにしましょう。

玄関扉の鍵開けについて

例えば玄関扉は家の主要な出入り口のひとつであるため、防犯鍵や複数の鍵など、防犯性の高いものであることがあります。これらの鍵は防犯面においては優れていますが、トラブルが発生して鍵開けが必要となった場合は、一転してその作業が困難になります。
また、玄関扉の鍵穴では、ゴミ詰まりの発生やいたずらをされることもあります。鍵穴に異物が詰まったために鍵が使用できず、無理にそれらを取り除こうと試みた結果、鍵穴を傷つける事例は多いです。
このように、玄関扉の鍵を自力でこじ開けようとしても、鍵や扉を傷つけただけで終わり、状況をさらに悪化させてしまう可能性が高いため、鍵開けの専門業者に依頼するのがおすすめです。防犯鍵や複数の鍵であっても安全に鍵開けを行なうことができ、鍵穴に異物が詰まっている場合は、鍵穴の分解、洗浄などを行なって鍵が使用できるようにしてくれます。状況によっては鍵の破壊が必要になりますが、その際には新しい鍵の作製などの相談にものってくれます。

鍵付きの室内扉について

また、鍵付きの室内扉など、比較的防犯性の低い鍵であっても、場合によっては鍵開け専門業者への依頼が必要となります。室内扉の鍵は、金具や工具があれば自力で開錠できるものもありますが、それでも開けることができないときは無理せず、専門業者に依頼しましょう。

鍵開けの際には身分証のご用意を!

また、鍵付きの室内扉など、比較的防犯性の低い鍵であっても、場合によっては鍵開け専門業者への依頼が必要となります。室内扉の鍵は、金具や工具があれば自力で開錠できるものもありますが、それでも開けることができないときは無理せず、専門業者に依頼しましょう。

金庫やスーツケースなど保管庫の鍵開けを依頼するケース

金庫やスーツケースなどの保管庫は貴重品や身の回りの大切なものを収めていることが多く、鍵を開けることができなくなると大事になります。一方で、これらの保管庫は開ける機会が少なく、気が付くと鍵を失くしている、ダイヤル式の鍵の開錠方法や暗証番号などを忘れてしまうケースも多く見受けられます。このような場合、どう対処するべきか解説いたします。

金庫など保管庫の鍵開けについて

まず、無理に破壊することは避けるべきでしょう。先に述べたとおり、保管庫は貴重品や大切なものを収納することが多いため、容易には破壊できない作りになっています。もし破壊できたとしても、保管庫内の貴重品を破損させてしまう恐れがあります。
そのため、保管庫の鍵開けも専門の業者に依頼することが望ましいでしょう。シリンダー錠からダイヤル式、暗証番号のものなど、保管庫の多様な鍵の種類に対応いたします。中には鍵自体を破壊する必要があることもありますが、その場合には鍵の新調などの相談にものってくれます。

デスクやロッカーなど、オフィス用品の鍵開けを依頼するケース

職場などで、鍵付きのデスクやロッカーを使われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。これらの鍵は比較的小さなものが多く、気が付かない間に紛失している、破損させていることなども多くあります。
職場などで、ほぼ毎日使用されているデスクやロッカーなどのオフィス用品。これらの鍵は、高い頻度で使用されるゆえに、トラブルもまた発生しやすくなります。

オフィスでの鍵開けについて

デスクやロッカーなどの鍵は、一見すると自力で開けやすくあるもののように思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、職場などにあるオフィス用品においては、トラブルが起きた場合にその責任を問われる可能性もありますので、無理にこじ開けるようなことは避けるようにしましょう。
デスクやロッカーなどの鍵開けにおいては、専門業者に依頼すると短時間で作業が完了することもあります。鍵の防犯性が比較的低いため、鍵開けもすぐに行なえることが多いためです。鍵を失くした際には合鍵の作製、鍵交換なども対応してくれます。鍵が職場などから支給されている場合は鍵開けの専門業者よりも先に、職場の上司や責任者に連絡を入れておいたほうが良いでしょう。

南京錠や自動車の鍵など、その他の鍵開けを依頼するケース

上記に挙げた場面以外でも、専門業者による鍵開けが必要となることがあります。

南京錠の鍵開けについて

たとえば、南京錠はキャリーケースや倉庫など、さまざまな場所で使用されることがありますが、構造が簡単なものもありますが、誰もが簡単に開けることができるわけではありません。南京錠の破壊を試みた結果、キャリーケースや倉庫の扉を傷つける可能性もあります。
そのため、南京錠のトラブルにおいても、鍵開けの専門業者に依頼することを視野に入れておきましょう。専門業者であれば、安全に素早く対応してくれます。

自転車の鍵開けについて

また、日常生活で頻繁に利用される方も多い自転車の鍵などは、自力で開錠する方法のほか、自転車屋に依頼をするという手段もあります。
鍵開けの専門業者に依頼するメリットとしては、素早く解決できることにあります。自力では解決が難しく、早急に自転車の鍵開けを要する場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。

鍵開けは自力で行わず、必ず鍵開け業者にご相談を!

鍵開けの専門業者に依頼するべき場面は、数多くあることがおわかりいただけたでしょうか。現代の鍵は防犯性の高いものが多く、無理にこじ開けようとすると、事態を悪化する恐れがあります。
鍵を開けることができないと混乱してしまうこともあるかと思いますが、できるだけ落ち着いて鍵開けの専門業者に相談してみてください。

鍵開けを専門業者に依頼するべき理由とは?

住宅は、日用品や貴重品を保管し、またご自身をはじめご家族の方も住まわれる大切な場所のひとつです。大切な場所だからこそ、防犯には気を遣いたいところでもあります。特に、主要な住宅の出入り口は防犯性を高くしたいと、鍵の交換を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
鍵交換の時期の目安としてわかりやすいのが、鍵の開け閉めがスムーズに行い難いなど、鍵のトラブルが頻繁に起こるようになった時です。鍵の耐用年数を超えて使用している場合、いざというときに鍵が使用できないといったトラブルが起こりえます。鍵の寿命に合わせて新型への鍵交換を行うという考えが一般的なのではないでしょうか。
しかし鍵の実用性が機能したとしても、下記に該当する場合は住宅の鍵の交換を早急に検討する必要があると考えられます。一度防犯性の観点から、ご自宅の鍵が交換時期ではないかをご確認されることをお勧めします。

構造がシンプルな旧式の鍵を使用している場合

鍵を交換する目安として、まずひとつには構造がシンプルな旧式の鍵を使用している場合が挙げられます。近年、侵入窃盗の経路として、窓からの侵入に次いで表出入り口からのものが多い傾向にあります。ドアからの侵入方法は、ピッキングやサムターン回しなどさまざまですが、一様に比較的開錠に時間のかからない構造がシンプルな旧式の鍵が狙われがちです。実は新式の鍵へ交換は単純に防犯性能を高めるだけではなく、そもそも空き巣のターゲットにもなりにくいというメリットもあります。

引っ越しや中古住宅の購入を行なったとき

賃貸の引っ越しや中古住宅を購入された際には、可能であれば鍵の交換をおすすめいたします。物件の管理者が以前の鍵を使い回している可能性があるためです。残念ながら管理者が、以前の利用者が作成した合鍵をすべて管理できているわけではないケースがあります。このような事態が万が一発生していた場合、見知らぬ第三者がご自宅の鍵を所有している恐れがあります。もちろんその危険性を避けるため、管理者が引っ越し時にあらかじめ鍵を交換してくれている可能性もありますので、先ずはご確認されることをおすすめします。

鍵をどこかへ落としてしまったとき、落としていないときも…

鍵を失くした場合、合鍵を作製すれば解決すると思われるかもしれませんが、その場合は鍵ごと交換するのがおすすめです。失くした鍵を見知らぬ誰かが拾った場合、侵入される可能性があります。また、失くしたと思っていたところ、実は鍵を盗まれていたといったような悪質なケースもあります。
さらに、鍵を落としていなくとも、鍵の番号が他人に知られた場合も交換することをおすすめします。純正の鍵には基本的に鍵番号が打刻されていますので(メーカーや鍵の種類によっては打刻されていない場合もあります)、番号が知られると、その番号情報だけで合鍵を作られる恐れがあります。

防犯性と耐用年数からみる、鍵交換の時期の具体的な目安とは?

旧式の鍵の中には比較的構造が簡単なものがあるためピッキングされるリスクが高いなど、防犯性が低いという危険性があります。
また鍵の耐用年数も、使用状況によりますがおよそ10年程度と言われています。いざというときに鍵の不具合が発生するリスクが高まり、さらには鍵に不具合が発生した際に解錠作業まで必要となると、費用が高額になることもあります。
このように、長年にわたり交換していない鍵にはさまざまなリスクがあります。鍵を交換することは防犯性を高めるだけではなく、後々のトラブルを防止することもありますので、ぜひ鍵の交換をご検討ください。

防犯のための鍵交換をご検討ください

鍵の交換は防犯性を高め、後々のトラブルを回避することにも繋がるといえます。まだ鍵の交換を検討されていなかった方で、上記に思い当たることがあれば、ぜひ一度鍵交換の専門業者にご相談ください。

鍵を無くしてしまう主な原因とその対処法

鍵を失くしてしまうということはあってはならないことではありますが、実際は起こってしまうこともあります。最終的に見つかったとしても、探すのに時間がかかってしまって予定に遅れてしまった、という方もいるのではないでしょうか。鍵を無くしてしまう、なかなか見つからない、といったことになる原因は様々ですが、よくあるパターンとその予防法としては以下のようなものがあります。

  • ① 昨日の夜に鍵を使って玄関を開けた後、次の日に探したけれど見つからない

    こういった場合は鍵の置き場所が固定されていないと鍵がなかなか見つからないということが多いです。家に帰ってきてすぐに適当な所に置いてしまい、次の日に探しても中々見つからないという経験をされた方もいるのではないでしょうか。そういった時は帰ってきてすぐに定位置に鍵を戻すという習慣をつけることが大事です。もし、キーケースを使われている方はそれに取り付けるのも良いですが、そのキーケースを無くしてしまわない為にキーケースの置き場所も固定した方が良いです。

  • ② コンビニやスーパーに行って、帰るときに鍵が見つからない

    こういった場合は鍵を手に持ったまま店内を移動しているうちにいつの間にか落としてしまったということがありえます。その為、自転車やバイクから降りた時はカバンのここにしまう、ということを決めてしまい、それを習慣づけてしまいましょう。カバンにしまうということだけですと、カバンのどこにしまったかを忘れてしまい帰りに手間取ることもありますのでこれも場所を決めてしまいましょう。

  • ③ 家のどこかにあるのは分かっているけれど見つけられない

    これは①と同じように場所を固定していればあまり起こらないことではありますが、たまにそれを忘れてしまうこともあるでしょう。そういったことに備えるには赤色等の目立つキーホルダーを付けておくことが有効です。鍵自体の色は基本的に地味で目立たないものが多いですが、それに目立つものを付けておくことでパッと見て探しやすくなるでしょう。

    また、実際に中々鍵が見つからない場合は、まずはよく無くしやすい場所を重点的に探すことも重要です。例えば、玄関は鍵を使ってすぐに靴を脱いだりするので、手に持った鍵をどこか適当な場所に置いてしまったりしやすいです。また、カバンの中にあることもありますが、ここを探すときは前日にどのカバンを使ったか思い出してからにしましょう。お出かけ等でいつもと違うカバンを使った場合はそこを探すことを忘れてしまうことがあります。その他、服やズボンの中にも入れたことを忘れてしまうことが多いです。探す時のポイントはカバンの時と同じように前日にどの服を着たのかもきちんと考えることです。鍵に限らず、普段使いではないジャケットのポケットから無くなったと思っていたものが偶々見つかったという経験はないでしょうか。このように、普段の生活の中での自分の行動のパターンを把握し、さらに前日の自分の行動も思い出しながら探すと見つかりやすいです。

    もし、こうして探した結果見つからなければ速やかに警察に紛失届けを提出し、鍵開けや鍵交換の為に業者に連絡することをお勧めします。合い鍵があればそれを使えば大丈夫、とも思うかもしれませんが、外で無くした鍵を誰かに悪用されるというリスクもあります。ただし、無くした鍵が賃貸等の自分が所有する物件ではない時には、まず管理会社や大家さんに連絡する必要があります。その後、管理会社や大家さんと今後の対応について相談しましょう。

カギトラブルのお役立ち情報

金庫は、防犯対策としてだけではなく、防災対策としても利用されています。目的や用途によってさまざまな種類があるため、いざ購入する必要に迫られると選び方がわからない方もいらっしゃると思います。そこで、金庫を選ぶ際の基準と、開錠方式によって分けられる種類について解説します。大切な物を守ってくれる金...

鍵の取り付けというとドアに取り付けるイメージですが、鍵はドアだけではなく、他にもさまざまな箇所に取り付けることができます。これまで鍵がなかったところに鍵を取り付けることによって、勝手に開けられるのを防いだり、プライバシーを守ったり、大切なものが盗まれるのを防ぐことが可能です。ここでは、ドアに...

オートロックとは、マンションなどの集合住宅の入り口にある共有玄関や個別の部屋に設置されているドア設備で、ドアが閉じると自動的に施錠される仕組みのドアです。居住者にとっては二重に玄関があるということになり、セキュリティの面で大きなメリットがあるといえます。しかし、オートロック付きであれば本当に...

自宅の防犯対策を考えるとき、まず思いつくのが新しい鍵に交換することでしょう。特に、玄関の鍵は安全面を考慮して、防犯性の高い鍵を選びたいものです。そんな防犯性能が高い鍵のひとつに、ウェーブキーがあります。ウェーブキーは、ピッキングにも強いことから非常に需要がある鍵ですが、どのような仕組みになっ...

ある日、鍵穴にゴミが詰まってしまってドアが開かなくなるという状況は、想像するだけで不安になりますよね。毎日当たり前に使用しているドアだからこそ、急に開かなくなって家に入れなくなるのは大変困ります。この記事では、鍵穴にゴミなどの異物が入るのはどんな時なのか、異物が入ってしまったらどのように対応...

お役立ち情報一覧へ

エリア情報

鍵が壊れて家に入れない、鍵が折れてしまった、防犯対策をしたい、鍵を作りたい等、カギに関するお悩みはございませんか?カギの生活救急車にはカギに関するプロが多数在籍しておりますので、鍵のことならどんなご相談でもおまかせください。東証1部・名証1部上場、施工件数240万件の実績で、状況に合わせた最適なご対応をさせていただきます。
鍵のトラブルはある日突然起こることが多くお客様の安全にもかかわる問題であるため、対応のスピードが非常に重要になってきます。少しでも早くお客様のお悩みやトラブルを解決するため、カギの生活救急車は年中無休で対応させていただいております。また、日本全国どこでも駆けつけますので、地方にお住まいの方もぜひお問い合わせください。最短15分で駆けつけます。安心の明朗会計で出張・お見積りは無料、もしキャンセルとなってもキャンセル料はございませんので、お気軽にご相談くださいませ。