ドアクローザー修理・交換

0120-409-020 メールでのご相談 お問い合わせ

カギの生活救急車のドアクローザー修理・交換について

ドアの閉まる速度が速くて「バタン」と大きな音がする、完全に閉まらず隙間ができる、油が漏れる、開きにくい、ギーギーと音がうるさい…それらはドアクローザーの不調です。
放っておくとドアの開閉が制御できずに事故につながる恐れがあります。かといって自分で分解・修理しようとすると、内部の油が飛び出たり、思わぬけがにつながる可能性がありますので、悪化する前にカギの生活救急車にご相談ください。ドアクローザーを新しく交換したりお取付することによってドアの開け閉めが快適になり、また鍵を閉めやすくなるなど今までの不便を解消することができます。ドアクローザーは普段あまり意識することのない部分ですが、ドアを開け閉めするたびに消耗し、経年劣化していきます。実際、ドアの開閉に関する多くの不調がドアクローザーが原因です。年数で言えば、10年頃からドアクローザー交換を考えた方が良いでしょう。カギの生活救急車では、完全無料にて現場お見積りをしておりますし、お見積り後、現場で作業がキャンセルとなった場合も料金を請求することはありません。ドアの開閉に少しでも不具合を感じたら、お気軽にご相談ください。

料金について サービスの流れ

どんなドアクローザーにも対応いたします

対応例 スタンダード型 パラレル型 ストップ機能付 オートドアクローザー 引き戸のドアクローザー

アパートやマンション、住宅の玄関以外でも、店舗、事務所、オフィスビル、または引戸など、あらゆるドアクローザーの修理・交換・取付・調整が可能です。
また、日本ドアーチェックのニュースターやリョービ(RYOBI)、NHN(ニッカナ)、美和(MIWA)、大島機工(DIA)、クランドアーチェックなど、各メーカー製品の修理や交換、調整についてもぜひご相談ください。