カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:鍵の種類・特徴

ドアクローザーを調整する方法と注意点

目次

ドアを勢いよく閉めたり途中で離したりしても、静かにゆっくり閉まるのはドアクローザーのおかげです。ドアの上部に取り付けられたドアクローザーを毎日目にしている人でも、その正式名称を知らない人は意外と多いものです。

ましてや、ドアクローザーの調子が悪いとき、自分で調整できることを知っている人はあまり多くないでしょう。ドアクローザーの調整とは、どのように行えばよいのでしょうか。

ドアクローザーがコントロールする速度区間とはどんなもの?

疑問

ドアクローサーの役割は、ドアが閉まるスピードを調整することです。ところが、「ドアがいきなり閉まるようになった」「開けたままにしておけなくなった」というような状態になったなら、調整がうまくいっていない可能性があります。

ドアクローザーが正しく機能しているとき、ドアが閉まっていくスピードは一様ではありません。壁に垂直の位置でドアを離すと、ある程度の角度まではスムーズに閉まっていきますが、閉まる少し前にスピードが落ち、その後やや加速してきちんとドアが枠に収まります。スムーズに閉まっていく部分を第一速度区間、スピードが落ちる部分を第二速度区間といいます。第一速度区

間は、ドアが閉まるスピードを決める基準となるもので、第二速度区間では、第一速度区間よりもゆっくり閉まるよう調整するのが普通です。

ところが、ドアの閉まるスピードがゆっくり過ぎると、きちんと枠に収まらず、ドアが開いたままになってしまうことがあります。そのため、ドアが閉まる直前でスピードアップし、ドアを強く閉める働きを持たせることがあります。この機能をラッチングアクションと呼んでいます。

一方、ドアが閉まりはじめるときの速度を遅くするのが、ディレードアクション機能です。車椅子を利用している人や高齢者などが、安全にドアを通るのに役立ち、荷物の搬入にも便利です。 このように、ドアクローザーを快適に使うためには、ドアの閉まるスピードをそれぞれの速度区間ごとに適切に調整することが重要です。

ドアクローザーの持つ調整弁とは

ドアクローザーは大きく3つの部分からなっています。本体と三角板、そしてそれらをつなぐ2本の金属棒(アームとリンク)です。このうち、本体の側面には、ドアが閉まるスピードをコントロールするための調整弁が付いています。調整弁の数は、ドアクローザーの種類によって違いがあり、通常なら2~3個のねじの頭が確認できるはずです。ただし、旧式のドアクローザーでは1個だけしか調整弁を持たないものもあり、反対に4個以上の調整弁を持つ製品もあります。

この複数の調整弁は、速度区間に対応しています。調整弁の横には数字が刻まれていて、1が第一速度区間の、2が第二速度区間の、3がラッチングアクションの調整弁に対応しているのが一般的です。4つ目の調整弁があれば、ディレードアクション機能のものです。ドアクローザー本体の側面ではなく、本体上部にラッチングアクションとディレードアクションの調整弁を持つものもあります。

これらの調整弁は、時計回りに回転させると速度が遅くなり、反時計回りに回すと速くなります。まずは第一速度区間を適切に調整してから、それを基準に他の部分を調整していくとスムーズに行えます。 調整弁を回転させるためには、ねじにあった工具を使います。プラスドライバーやマイナスドライバーで調整するタイプのほか、専用の六角レンチを使う調整弁もあります。

ドアクローザーのストップ機能の調整と注意点とは

ドアクローザー

ドアクローザーの機能のうち、ドアを任意の位置に固定するのがストップ機能です。ただし、その調整は調整弁では行えません。ドアクローザーを構成する3つの部分のうち、三角板に取り付けるほうの金属棒をリンクといいます。ストップ機能は、そのリンクの根元にあるストップカムによって実現しています。ストップカムを固定しているボルトが緩むなどすると、ストップ機能が働かなくなります。製品の違いによって、ストップ機能の調整方法にも違いがあるため、取扱説明書かホームページを確認してから調整すると良いでしょう。

このほかにも、ドアクローザーの調整で注意すべきことがいくつかあります。そのひとつが、調整弁を回転させすぎないことです。ねじの頂点が本体面から飛び出ると、内部の油が漏れてしまうおそれがあります。そのため、調整弁は小刻みに回すことが重要です。また、経年劣化したドアクローザーの場合、サビなどで調整弁が硬くなっている場合があります。これを力任せに回そうとすると、ねじ山が壊れて動かすのが難しくなってしまいます。

ドアクローザーの調整で、最も大切なのはケガのないようにすることです。調整に夢中になっている間に、ドアのすき間に指を挟んでケガをするケースは珍しくありません。ドアクローザーが劣化している場合や、自分で調整するのが難しい場合は、専門業者に依頼するのもひとつの選択肢です。きちんとメンテナンスを行って、気持ちよく安全にドアクローザーを使いましょう。

まとめ

ドア

ドアクローザーを適切に使うためには、調整弁をきちんと設定しておくことが大切です。定期的にメンテナンスを行えば、ドアクローザーを長持ちさせることもできるでしょう。

ドアクローザーのしくみは製品によって多少違うため、調整する前に取扱説明書やホームページで手順を確認しておくと安心です。もしも自分で調整するのが難しいと感じたら、専門業者に依頼してみると良いでしょう。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください