カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:防犯対策

防犯対策はできている?空き巣を寄せつけない鍵の工夫

目次

「鍵さえかけていれば空き巣は入ってこない」と考えてはいけません。 プロの空き巣は鍵の知識も豊富で、普通に施錠をしているだけでは難なく留守の家に侵入してしまいます。

100パーセントの防犯になっている施錠方法はないのが現状でしょう。ただし、限りなく100パーセントに近づけることは可能です。 そのためには、家主も鍵について学び防犯に役立てる意識が肝心です。ここでは、防犯のためになる鍵の知識についてまとめました。

必ず施錠をする習慣を徹底

玄関のイメージ

鍵に工夫をほどこす前に、そもそも鍵をかける習慣が徹底されていない家庭は少なくありません。 一軒一軒の間隔が開いている田舎だと、つい防犯の意識が薄れがちで戸締りをしないまま出かけてしまいます。

また、近所へと買い物に行ったり、隣の家に用事があったりすると「施錠が面倒」と思い、鍵を開けたまま出かけてしまう人も多いでしょう。 確かに、たまたま鍵を開けて出かけたときに偶然にも空き巣がやってくるケースはほとんどありません。

しかし、プロの空き巣は緻密な下調べを重ねて「鍵をかけずに出かける家」「出かけてどれくらいで戻ってくるか」などの情報を集めています。 「今まで空き巣に入られなかったから今日も大丈夫」という発想ではいつ空き巣が来てもおかしくありません。 外出時間や地域の治安に関係なく、家を出るときには鍵をかけるという当たり前の習慣を忘れずに行いましょう。

鍵穴によって防犯の確率は変わる

空き巣によるピッキングイメージ

空き巣は「ピッキング」という方法を用いて留守の家に侵入します。 ピッキングとは道具を使って施錠されている鍵を開けるテクニックです。 プロの空き巣は鍵穴のあるタイプの鍵であれば、高確率でピックングを成功できます。

しかし、ピッキングには「しやすい穴」と「しにくい穴」があるため、完璧な防犯にはならなくても鍵穴の種類によっては空き巣を遠ざけることは十分に可能です。 空き巣が嫌う鍵穴は「ディンプルシリンダー」と呼ばれるタイプです。ディンプルシリンダーは鍵についたでこぼこのくぼみをはめて解錠します。 くぼみと鍵穴が完全に一致しなければ開錠はできないので空き巣からすれば厄介な種類です。

逆に、ピッキングされやすい鍵穴の代表格が、一般的なギザギザの鍵である「ピンタンブラー」です。ディンプルシリンダーを選んだ家は、下調べの段階で空き巣が候補から外す可能性が高まります。

3ロックにすると空き巣が減る理由

鍵穴を解錠しにくいものに変えたとしても、プロの空き巣がやってくる場合はあります。空き巣によっては丁寧にピッキングをするのではなく、バールなどの工具を用いて鍵やドアを破壊し侵入してきます。

ただし、空き巣にとっては時間が重要な問題です。鍵の破壊に時間がかかればかかるほど逮捕される確率は高まるので、空き巣があきらめて帰っていくケースも少なくありません。

そのため、多くの家庭ではドアの鍵を2個取り付ける2ロックシステムを採用しています。 鍵自体は破壊されてしまいますが、鍵の数を増やすことで空き巣の手間を大きくするシステムです。 さらに防犯率を高めたいなら3ロックシステムがおすすめです。施錠の時間こそかかるものの、より安全に暮らせるようになるメリットがあります。

ガードプレートをつけると狙われにくくなる

鍵に工夫をこらしていても、空き巣は別の方法で侵入してきます。ピッキングは鍵穴を通さなくても行えるからです。 たとえば、ドアの隙間は非常に危険な空間です。わずかでもドアに隙間があると空き巣は細い工具をさしこみ、無理やりこじあけてドアを破壊します。

キャリアのある空き巣ならこの手間はほとんどかかりません。また、「サムターン方式」といって、ドアの隙間から差し込んだ針金で施錠用のつまみをロック解除し、堂々とドアを開けて入ってくる空き巣もいます。 空き巣防止のためにはドアの隙間を対処する必要があります。

そこで、需要があるアイテムがガードプレートです。ガードプレートはドアの隙間を埋めるための金属であり、サムターン方式に関しては完全に跳ね返せます。 また、ドアを補強するための効果もあり、強引にドアを破壊しようとする空き巣にも時間稼ぎが可能です。

施錠システムの導入も考えよう

施錠システムイメージ

どんなに信用性の高い鍵を使っていても、人為的なミスは発生します。 一度鍵をかけ忘れたとときに空き巣の被害に遭ってしまう可能性もゼロではないのです。

そこで、自動ロックシステムの導入もおすすめです。自動ロックシステムがある家庭ではドアを閉めると勝手に施錠してくれるので、うっかりミスによって家が危険にさらされにくくなります。 また、解錠にもパスワードが必要になるなどのセキュリティ機能も合わせて使えば、より防犯に役立ちます。鍵以外の方法でのロックも考えましょう。

登録されている人間でなければ鍵を開けられないシステムを利用すれば、大幅に安全性は高まります。 静脈認証システムなど、体の一部が施錠キーになっているシステムがおすすめです。 プロの空き巣は鍵についての最新の知識を仕入れているため、家主もまた空き巣に負けないだけの意識を強く持ちましょう。

まとめ

鍵のイメージ

防犯性能の高い鍵がどんどん登場している一方で、空き巣の解錠技術も向上してしまっているというのが実情です。 ここで紹介したサムターン方式の鍵なども、発売当初は防犯性能が高いとされていたものでした。 新しい鍵や対策を取り入れたからといって必ずしも大丈夫とは言い切れませんが、一定の効果は期待できます。 また鍵の機能もしっかり活用するために、毎日の施錠は習慣づけていきましょう。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください