カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:防犯対策

賃貸住宅で作った合鍵…廃棄はどうすべき?

目次

合鍵はマスターキーを失くしたときや同居人がいるときに役立つものです。 しかし、賃貸住宅で作った合鍵は引越しするときにどう処分すべきかわからない人も多いのではないでしょうか。

鍵は防犯やプライバシーを守るために重要なものなので、合鍵といえどもぞんざいな処分をしてはいけません。 そこで今回は、賃貸住宅の合鍵の処分方法に焦点を当てて詳しく解説していきます。

はじめに知っておきたい合鍵作成のルール

合鍵のイメージ

賃貸住宅に住んでいて、合鍵を作りたいと思うことはしばしばあるのではないでしょうか。 合鍵の作成は鍵屋さんへ行けば、安価で簡単に行うことができます。しかし、大家や管理会社に無断で作成するのは絶対にしてはいけません。 賃貸住宅では鍵も大家の所有物なので、無断で合鍵を作るとあとでトラブルの原因になりかねないからです。

合鍵作成のルールについては契約書に明記されている場合もあるので、今一度契約書を読み返してみましょう。

また、防犯の観点からも大家にとっては勝手に合鍵を作られると困ります。 大家によっては賃借人が退去したあと鍵交換を行わないこともあり、その際に前の住人が合鍵を作っていると安全上不備がでてしまうからです。 どうしても合鍵を作りたいのなら、大家や管理会社に相談して許可をもらう必要があります。

作成した合鍵は退去時に大家や管理会社へ渡すこと

入居時に渡された鍵以上に鍵が必要な場合、賃借人がマスターキーから自費で作成することとなります。 その際、自費で作ったのだから退去時に作成した合鍵を大家や管理会社に渡す必要はないと考えてしまいがちです。

しかし、自費で作ったとはいえ合鍵もマスターキーとともに渡さなければなりません。 合鍵作成の許可をもらう際にその旨を説明されることも多いですが、もしそういった説明を受けなくても自発的に退去時には合鍵を渡してください。 そうしないと今後万が一その部屋で何らかのトラブルや犯罪が発生した場合、真っ先に疑われてしまう可能性があります。

また、合鍵を廃棄する際にも、事前に大家や管理会社に連絡しておいてください。 特に、合鍵作成の許可をもらって作成した鍵を廃棄する際には、廃棄に関しても許可を取るのが普通です。

退去時に大家や管理会社から合鍵のことを聞かれて廃棄した旨を伝えても、相手にとってはにわかに信用することはできないでしょう。 合鍵を隠し持っていることを疑われないためにも、賃貸住宅の場合は連絡して、まずは双方で処分方法から決めてください。 大家や管理会社によっては廃棄ではなく預かるという方法を選択することもあります。

現在使用中の合鍵の廃棄方法

沢山の鍵のイメージ

合鍵はたくさんありすぎても好ましいとはいえません。なぜなら、合鍵が多いということはそれだけ鍵を紛失したり盗難の被害にあったりするリスクが高まるからです。 もしも必要以上の合鍵を作成してしまったのなら、廃棄処分にすることもできます。

ただし、大家や管理会社からもらったマスターキーや合鍵は退去時に確実に返却しなければならないため、これらは絶対に廃棄しないようにしましょう。 鍵を廃棄する前にまず知っておきたいのは、鍵には固有の番号が付いているということです。 この番号さえわかれば合鍵を作られてしまう恐れもあるため、廃棄の際には鍵番号を判別できないように傷をつけて消さなければなりません。

傷つけるのが難しいようであればハンマーなどで叩いて折り、それぞれの部分を別の日に処分することで合鍵の不正な複製を防止できます。 鍵はもっぱらニッケルシルバーという金属でできており、住んでいるエリアや自治体によっては処分に関するルールが厳しく定められていることもあります。

金属ゴミの日が定められている場合は、鍵をアルミホイルなどに包みましょう。 そうすれば見た目にも鍵だとわからずに処分できるでしょう。 鍵を廃棄する際にはルールに従って、トラブルがないように気をつけてください。

鍵屋さんに引き取ってもらえることも

鍵処分法として、鍵屋さんに引き取ってもらうという方法もあります。 鍵を自ら折ることなどが難しければ、鍵屋さんに相談してみましょう。 鍵屋さんによっては費用が発生することもあるかもしれませんが、ゴミ捨て場に置いたものを誰かに拾われる危険性も少なく、安全な処理方法といえます。

まとめ

賃貸住宅のイメージ

賃貸住宅の鍵は自分たちの安全の問題であるだけではなく、自分の後に住む人たちの安全・安心にも影響を与える大きな問題です。 合鍵を廃棄処分するときはきちんと行い、犯罪やトラブルに巻き込まれないように配慮しましょう。 合鍵の処分についてわからないことがあれば自分の判断だけで行動せず、まずは大家や管理会社に相談して指示を仰ぐことが大切です。

賃貸住宅では鍵に関するトラブルは案外多くあります。 鍵の廃棄に関する正しい知識を身につけて、不要なトラブルを避けるようにしましょう。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください