カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:防犯対策

玄関からの空き巣の侵入!どうやって防げば良いの?

目次

空き巣に入られたという話を聞いても、自分には関係ないと思っていませんか。危機意識の低い人は、玄関のような目立つ場所から侵入されることなど想像もできないかもしれません。しかし、玄関から侵入された事例は決して少なくないのです。鍵のかかった玄関からも、空き巣は巧妙に入ってきます。窓や勝手口だけを警戒していると被害に遭うリスクが高くなってしまいかねません。そこで今回は、玄関からの空き巣の侵入を防止する方法を紹介します。

ピッキング対策が基本!

空き巣によるピッキングイメージ

空き巣が鍵を開けるときは、硬い針金のような特殊な工具を使うことが多いです。この方法はピッキングと呼ばれており、ドアを壊すことなく開錠して侵入してきます。

そのため、空き巣に入られたことに気付きにくく、発見が遅れてしまうケースも珍しくありません。ピッキングの対策として有効なのは、ピッキングをしにくい鍵に交換することです。

古い住宅でよく使われているギザギザの形状の鍵は、危険性がとても高いです。ディスクシリンダーと呼ばれるタイプが多く、いとも簡単にピッキングで開いてしまいます。 もし自宅の鍵がそうであれば、他のタイプに交換したほうが良いでしょう。

たとえば、ディンプルシリンダーというタイプはピッキングで開けるのが困難であるため、多くの新築で採用されるようになりました。鍵にはギザギザの部分がなく、代わりに細かな窪みが複数あります。この構造のおかげで、従来のピッキング用の工具で開錠される可能性は非常に低いです。

サムターン回しにも要注意!

サムターン回しも、空き巣が侵入する定番の方法の一つです。内側から鍵の開け閉めをするときに回すつまみのことをサムターンといい、郵便受けから手を入れて回すケースが代表的です。

中には自分で穴をあける空き巣もいます。鍵の近くをドリルで掘ったり、ガラスの部分を割ったりするのです。少しでも穴があけば、手の代わりに特殊な工具を入れて器用にサムターンを回します。

サムターン回しの対策として有効なのは、サムターンを取り外せるタイプに変更することです。外出するときにサムターンを外しておけば、手を入れられても回される心配はありません。

しかし、サムターンだけを取り換えるのは難しいので、多くの場合は鍵全体を交換することになるでしょう。もう少し手軽に対策をしたいなら、サムターンを覆うカバーを取り付ける方法もあります。完全な予防とはいえないものの、手が届きにくくなるので侵入されるリスクを減らせます。

補助錠やガードプレートも有効!

扉の補修のイメージ

ピッキングとサムターン回しの両方の対策として、補助錠を取り付けることもおすすめです。鍵の数が増えると、それだけ開錠に時間がかかります。

そのため、空き巣が途中で諦めることを期待できます。また、補助錠を付けていることは外からも分かるため、そもそも空き巣のターゲットになりにくいです。

ドアに施工をして取り付ける補助錠もありますが、工事をせずに設置できるタイプも売られています。取り付ける際のポイントは、元からある錠前とできるだけ離すことです。 そうしておけば、ドアに穴を1つあけられても、そこから両方のサムターンには届きません。

また、ピッキングとサムターン回しの対策を行っている住宅に対しては、力づくでこじ開けようとする空き巣もいます。そのような空き巣に対しては、ガードプレートを取り付けるのが有効な対策です。ドア枠とドアの隙間を覆うように付けておくと、バールなどの工具を挿し込めなくなります。

電子機器を使って撃退!

電子機器を用いて防犯の効果を高める方法もあります。ピッキング対策の効果を上げたいなら、ピッキングアラームも設置しておくと効果的です。

鍵穴に工具を入れて作業しようとすると、振動を検知して大音量のアラームが鳴り響きます。そのような状態では、空き巣はもう作業を続けられません。アラームが作動するのと同時に、スマートフォンなどに通知してくれる高性能な製品もあります。

また、玄関にセンサー付きのライトも設置しておくと、夜間の侵入を防げる確率が高くなります。ピッキングアラームと同様に、目立つことを嫌う空き巣の習性に着目した対策です。

ただし、ピッキングアラームが鳴らないほどスムーズに開錠される可能性もゼロではありません。センサーライトが光っても、素早く侵入されるケースもあるでしょう。

そのため、これらはあくまでも補助的な防犯グッズであると考えておいたほうが安全です。鍵を中心にしっかり対策をした後で、その効果を高めるために取り付けましょう。

まとめ

住宅内のイメージ

ドアの形状や玄関周辺の状況は住宅によってさまざまです。それらを考慮したうえで対策をしなければ十分な効果は得られません。

特に、鍵については現状を分析して、対策の方法を吟味する必要があります。専門知識がないと適切な判断ができない可能性があるので、不安な場合は鍵屋に相談しましょう。

侵入のプロに対抗するには、鍵のプロに協力してもらうのが得策です。鍵に関する専門知識が豊富であり、空き巣が苦手な鍵についても熟知しています。

空き巣の技術や手口について最新の傾向も把握しているでしょう。いろいろな要素を考慮したうえで、自宅の鍵をどうするのが一番良いのかアドバイスをしてくれます。

交換してもらう場合は作業料なども発生しますが、的外れな対策をせずに済むので結果的には安くつくケースも多いです。プロに頼ることも視野に入れつつ、玄関からの侵入をしっかり予防しましょう。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください