カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:防犯対策

鍵の閉め忘れ防止グッズの紹介。旅行が不安なら鍵の交換もおすすめ

目次

出かけるときには、きちんと玄関を施錠するのが基本です。 しかしときには、「あれ?今日はきちんと鍵閉めたっけ?忘れたかも…」と不安になることはありませんか? まだ自宅から遠く離れていないときには、わざわざ戻って確かめる方もいるはず。 戻れないときには、一日を不安な気持ちのままで過ごすことになるでしょう。

鍵を閉めたかどうか忘れないためには、いったいどうすれば良いのでしょうか。 具体的な忘れ防止策やグッズを紹介します。

なぜ鍵の閉め忘れを行うのか

鍵

鍵を閉めたかどうか忘れてしまうことに対して、「何らかの対策をとりたい!」と思ったときには、まずその「原因」に目を向けてみましょう。 「本当は鍵を閉めているにも関わらず不安に思う」ケースと、「本当に鍵を閉め忘れている」ケースにわけて、詳しい原因を解説します。

本当は鍵を閉めているにも関わらず、閉めたことを忘れてしまう場合

鍵を閉めたかどうかわからず、外出先で不安になり、家まで戻ってみたらやっぱり閉まっていた! こんな経験がある方も、少なくないはずです。

実際に自分がした行動を忘れてしまうなんて…脳が衰えてきた証拠かも…なんて落ち込む必要はありません。 多くの人にとって「外出時に鍵を閉める」ことは、ごく自然な流れです。

毎日の習慣として脳が自動で行っているため、わざわざ記憶に残らないという仕組みになっています。

「わざわざ自宅まで戻らなければならない」「一日落ち着かない気分のままで過ごさなければならない」という意味で、本人の負担は大きくなってしまいますが、家はきちんと施錠され、守られています。

それ以上のトラブルは発生しませんから、まだ安心できます。

本当に無施錠で出かけてしまう場合

対して、本当に鍵を閉め忘れたまま出かけてしまうような場合は、「鍵をかける」という行動自体が習慣化していない可能性が高いです。

幼い頃から自分で鍵をかける習慣がなかったり、一人暮らしを始めて間もない時期だったりすると、こうした失敗もありがちです。

こちらのケースの場合は、自宅は無施錠のままで長時間放置されてしまいます。

空き巣といえば「鍵を壊して内部に侵入する」というイメージも強いですが、実はそれ以上に多いのが「無施錠の家に玄関から堂々と侵入する」というタイプです。 安全をまもるためには、「鍵の閉め忘れを確実に防止するための対策」をとる必要があります。

家の安全という側面で考えるなら、こちらのタイプの方が、はるかに危険度が高いと言えるでしょう。

鍵の閉め忘れ防止グッズの紹介

鍵の閉め忘れを自分の力だけで回避するのは、なかなか難しいことです。 一緒に確認してくれる人が常に身近にいてくれれば良いのですが、それもなかなか難しいはず。 便利なグッズも賢く取り入れて、自身の身の回りの安全を確保しましょう。

鍵メーカーが提供している専用グッズを使う

鍵の閉め忘れ

ピッキングや鍵破壊など、犯罪の手口が多様化すると共に鍵メーカーも努力を重ねています。 その甲斐あって、最近の鍵はさまざまな犯罪に対して非常に強い構造になってきています。

しかし問題は、高性能な鍵を使うのは「人間」だということ。 せっかく性能の高い鍵を取り付けていても、無施錠の状態ではなんの意味もありません。

無施錠のドアを狙った空き巣犯罪は4割を超えており、無視できない規模になっています。 このため鍵メーカーの中には、「閉め忘れ防止」につながるような、専用グッズを発売するところもあります。

たとえば美和ロックからは「ChecKEY(チェッキー)」という専用グッズが発売されています。 これは鍵に取り付けて使うパーツで、鍵をかけると表示窓の色が変わります。

「鍵を閉めたらオレンジ」という風に、出先でも「本当に鍵を閉めたかどうか」を手軽にチェックすることができます。 美和ロック製の鍵の中でも、取り付けられる鍵には限りがありますが、もし現在使っている鍵に適合するのであれば、採り入れてみると良いでしょう。

1,000円~2,000円で購入可能なため、非常にリーズナブルに鍵の閉め忘れ対策ができます。

スマホアプリなどを利用する

普段からスマホを愛用している方にオススメなのが、スマホやアプリを使って鍵の閉め忘れを防止する方法です。

スマホのアプリの中には、「鍵を閉めたときに画面をタップすることで、タップ時刻を記録してくれる」というものがあります。

鍵の名前を登録して管理することで、閉め忘れを防止できます。 ダウンロードして習慣化すれば、「鍵を閉める」という行動を意識するきっかけにもなるでしょう。

また、スマートフォンを使って自宅の扉をオートロック化できる画期的な商品も存在します。 普段使っているスマートフォンから、自宅のドアのロックを自由に開けたり閉めたりすることが可能です。 オートロックですからそもそも鍵の閉め忘れがなく、さらにアプリで開閉記録を閲覧することもできます。 既存の鍵の上に取り付けるだけなので、採用を検討してみるのも良いでしょう。

市販の閉め忘れ防止グッズなどを使う

このほかにも、鍵の閉め忘れ防止グッズは数多く販売されています。 とあるメーカが販売している商品では、鍵を開けると音楽が流れ、それを止めるためには鍵をかけるしかありません。

音楽と行動を連動させることで、閉め忘れ防止につながります。 「鍵を閉める」という行動が記憶されやすくなるので、「本当は閉めたにも関わらず不安になってしまう人」にもオススメできる商品です。

鍵の閉め忘れ防止グッズを使うときには、「自分の生活に合うものを選ぶ」ということが非常に重要なポイントとなります。 無理なく取り入れられるもの、自身の記憶に残りやすい方法で、上手に対策をしてみてください。

閉め忘れが続いているようなら鍵の交換を依頼したほうが良いかも

鍵の交換

これまでに何度も閉め忘れが続いているようなら、身の回りの安全を確保するためにも、一歩進んだ対策をするのもオススメです。 その対策とは、ずばり鍵の交換です。

たとえば美和ロックの鍵に変更すれば、先ほど紹介した「ChecKEY(チェッキー)」を利用できます。 また、いっそのことオートロックの電子錠に変えてしまうのも良いでしょう。 これならば、扉を閉めるだけで自然に施錠されるので、鍵の閉め忘れに悩むこともありません。

また、鍵の閉め忘れによるリスクは、空き巣だけとは限りません。 変質者や異常者が狙いを定めているようなケースもあります。 一度鍵を交換して安全性を確保した後に、必ず上記の閉め忘れ防止策を講じておきましょう。

まとめ

玄関と夫婦

高性能な鍵を使っていても、自分できちんと閉めなければ、残念ながらトラブル防止にはつながりません。 そして毎日の生活の中で何気なくやっている行動だからこそ、「つい鍵を閉め忘れてしまう」というのは、誰にでもある失敗の一つです。 危険を回避するためには、日常生活の中で無理なく取り入れられる工夫をすることが重要です。

一人暮らしの人は「自分が気を付ければそれでOK」ですが、家族で生活している場合には、家族それぞれが危険性を理解した上で注意しなければいけません。 特に小学生や中学生など、自分で鍵を持ち歩く世代の子どもがいるご家庭では、子どもにもわかりやすい方法で閉め忘れを防いでいきましょう。

「鍵を閉めたときに指差し確認をする」などの古典的な方法もありますが、つい面倒に思ってしまいがちなのも事実です。 家族に合うスタイルを模索してみてください。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください