カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:防犯対策

不要な鍵を処分したい!気になる方法や注意点

目次

鍵はプライベートを作り出してくれるアイテムであり、日常生活に欠かせないものです。
しかし、時には鍵が不要となるケースもあるでしょう。

例えば、昔住んでいた家の鍵や、使わなくなった自転車のロックチェーンの鍵、廃車にした車のスペアキーを持ったままの人もいるでしょう。
あるいは、今使っている鍵だけど途中で折れてしまったり、変形してしまったりして使えなくても、保管してあるものもあるかもしれません。
明らかにもういらない鍵だとわかっていても、鍵を処分するという行為には不安やためらいが生じます。
その捨て方に困っている人も多いでしょう。

こちらでは鍵の処分方法と、その際の注意点などについて紹介します。

鍵を捨てる方法は2択

鍵を捨てる方法は2択

基本的に鍵を捨てる方法は、自分で処分するか、業者へ依頼するかの2択になります。
どちらがいいかはケースバイケースのため、状況にあった方を選択しましょう。
不用意に自分で処分してしまうと、悪用されてしまう可能性がありますし、自分で処分できるのに業者へ依頼してしまうと、費用が勿体無いという場合もあります。

しっかりと処分方法を見極めて、適切な手段をとりましょう。

鍵には鍵番号があるものとないものがある

鍵の処分について考えるとき、鍵番号があるかないかが重要なポイントになります。
鍵番号というのは、いわばその鍵の設計図のようなものであり、鍵が無くても鍵番号さえあれば合鍵を作ることが可能です。

鍵番号が第三者に知られてしまうと、鍵を複製されて犯罪に使われる可能性もゼロではありません。
そのため、鍵番号がある鍵を処分する際には、細心の注意が必要です。

鍵を処分しようと思ったら、まずその鍵に鍵番号があるかどうかを確認してみてください。
それによって鍵の処分方法が変わってきます。

鍵番号があるものを自分で処分する場合

鍵番号があるものを自分で処分する場合

まず、鍵を自分でゴミとして処分する場合ですが、鍵は金属なので不燃物扱いになります。
そのためこの場合は、食器類や乾電池等と同じように、不燃ゴミとして回収してもらうようになります。
ただ、自治体によっては分別の仕方に違いがある場合もあるので、きちんと調べてからゴミへ出しましょう。

また、鍵を自分で捨てる際、鍵番号があるものは注意が必要です。
もし捨てる鍵が、まだ使用しているけど破損してしまったから捨てるなどという場合、鍵番号を見られてしまうと合鍵を作られてしまう可能性があります。
その場合、捨てる際は鍵が見えないように新聞紙で包んだり、ガムテープでぐるぐる巻きにしたりして捨てるようにしましょう。

鍵番号がないものを自分で捨てる場合

鍵番号がないものを自分で捨てる場合

鍵番号がないものは合鍵を作られる心配がないので、普通に不燃ゴミとして出してしまっても問題ありません。
しかし、もしその鍵がいらなくなった理由が破損などではなく、自分だけが使わなくなったなどで、他の人がまだ使っているという場合は、第三者に直接その鍵が盗まれた場合は悪用される可能性がゼロではありません。
この場合でも、外部から見えないようしてから捨てるようにしましょう。

ただ、やはり自分で捨てるのは少し不安がある人もいるでしょう。
不安が拭えない場合は、思いきって業者へ依頼しましょう。

鍵を業者へ依頼して処分してもらう場合

業者へ依頼すれば、鍵番号があろうとなかろうと安心して処分することができます。

費用がかかりますが、確実に鍵を処分したい、悪用される危険性をゼロにしたいというのであれば、業者を頼りましょう。
その際は、どのような業者がいいのか自ら比較したり、電話相談などでヒアリングしたりして、適した業者を選びましょう。

現在は、鍵番号さえあればインターネットからでも簡単に合鍵が作られてしまうので、鍵番号がある鍵に関しては業者へ処分依頼することをお勧めします。

まとめ

不要な鍵を処分したい!気になる方法や注意点のまとめ

鍵はプライバシーに関わる重要なアイテムなので、適当に処分することは避けるべきです。
自分で処分する際はよく注意して捨てるようにしましょう。
また、安心して確実に処分したいのなら業者へ依頼しましょう。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください