カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:防犯対策

鍵を追加して玄関をワンドアツーロックに!効果的な補助錠の選び方

目次

玄関からの空き巣被害に遭うケースとして多いのは、ピッキングによって開錠されるケースです。ピッキングとは、工具で開錠する手口であるため、鍵をかけていても侵入されてしまいます。防犯効果の高い鍵も販売されているため、今ある鍵をより高性能なものに交換するのも良いでしょう。さらに防犯効果を高めるためには、新しく鍵を追加することも有効です。

ワンドアツーロックにするメリット

ワンドアツーロックとは、1つのドアに2つの鍵をつける方法です。2つの鍵をピッキングで開錠する場合には、単純にひとつの鍵を開ける作業の倍の時間を要するため空き巣はこのタイプを避ける傾向があります。

もちろんメインとなる鍵の防犯性能が高いものであれば、1つだけでもピッキングで開錠に時間がかかかるとわかれば侵入を断念するケースはあります。しかし、ワンドアツーロックは住宅主の防犯に対する意識の高さも一目で分かるため、「室内にも防犯対策がほどこされているのでは」と空き巣犯が警戒しそもそもターゲットにされにくいというメリットがあります。万が一ターゲットにされたとしても開錠に時間がかかるため、防犯対策として有効な方法として推奨されています。

補助錠の種類と選び方のポイント

ワンドアツーロックの補助錠には、工事を行ってつける防犯性が高い種類の他にも手軽につけられるものもあります。補助錠の種類は主に固定・引っかけ・粘着の3種類です。固定は、ドアにネジでとめるため工事が必要な種類であり、設置完了までに時間がかかります。

引っかけるタイプは、施行を必要としないため、つけることもはずす場合も簡単な種類です。粘着は、強力なテープを使用してドアにはりつけるため、設置するのは簡単ですが、はずす際には時間がかかります。補助錠は鍵穴タイプ以外にも、暗証番号を用いるタイプや、ドアノブに鍵のかかったカバーをつけるタイプなど、非常にバリエーションが豊富です。

自宅のドアに合った補助錠が分からない場合には、業者に相談をすると適切なアドバイスをもらえるのでお勧めです。また、補助錠をつける方法にもいくつかの選択肢があります。例えば、「内づけ」と呼ばれる室内側につける方法があります。これは所謂内鍵の取り付けのことで、自分が室内にいる時にしか使えませんが、外からピッキングされることはありません。

その他、ドアに穴をあけて工事を行う「面づけ」もありますが、マンションやアパートでは不動産屋や部屋の所有者、大家さんの許可が必要になるため、注意しましょう。さらに、工事が不要な種類であっても、粘着テープはドアの塗装をはがしてしまう可能性があるため、使用する際にはあらかじめ許可を取ったほうがよいでしょう。

3種類の補助錠以外にも、U字ロックやチェーンを使用する方法もあります。ほとんどの玄関にはU字ロックやチェーンがすでに取り付けられていますが、中には防犯効果が低くく外から簡単にはずせてしまうものもあるため、備え付けの設備をそのまま使っている場合には必ず鍵をかけることを忘れないようにしましょう。

U字ロックやチェーンの中には外出時にも使用できるように、外から施錠可能な仕組みのものもあり、補助錠とほぼ同等の役割を果たすものも存在します。ただし、外から見た状態では防犯対策をとっていない通常の玄関とワンドアツーロックのように見た目のみで空き巣犯を遠ざけるような効果は見込み難いでしょう。

補助錠をつける場所は玄関だけじゃない

ワンドアツーロックを目的として補助錠をつける場合、玄関のドアにつけることが多いでかと思います。外から見ても防犯対策がほどこされていることが分かりやすく、空き巣被害を予防する効果も高い方法となります。玄関以外にも、空き巣の侵入経路として多い場所は勝手口です。玄関や部屋の窓には補助錠をつけていても、勝手口は補助錠をつけていなかったり施錠し忘れていたりと、補助錠による防犯意識が向かないケースが多いといえます。

空き巣は、人目につきにくい勝手口も観察するため、玄関に補助錠をつけていても空き巣に入られる被害は珍しくありません。勝手口に付いているメインの鍵は、玄関の鍵と比較して簡易的なタイプが多く、空き巣が狙いやすい場所でもあるためです。

そのため防犯対策をとるのであれば玄関だけではなく、勝手口や窓へも補助錠をつけることも忘れないように注意しましょう。補助錠に加えて、防犯ブザーやダミーの防犯カメラなどを設置すると、侵入被害を防ぐことにつながります。

まとめ

補助錠にもさまざまな種類があり、ドアを傷つけずにつけられるものや自分でつけられるものも販売されています。また、ワンドアツーロックにする際には、メインの鍵と補助錠の種類を別のタイプにすると空き巣が侵入する際の手間が増えるため、高い防犯効果が期待できるのです。ドアの種類や、メインの鍵の種類によって最適な補助錠は異なります。プロに相談をして、最適な補助所を追加しましょう。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください