カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:鍵の修理・メンテナンス

ドアの鍵が閉まらない場合の原因と対処方法

目次

出かける寸前にドアの鍵が閉まらない!
こんなトラブルに巻き込まれたらどうしますか?

その時になって慌てないよう、鍵が閉まらない原因と、どのような対処法があるのかを是非知っておきましょう。

鍵が閉まらない三大原因

鍵が閉まらない三大原因

鍵が閉まらない原因は大きく分けて、三つあげられます。

  • 鍵穴に詰まった汚れやほこり
  • ドア錠の内部劣化
  • ドア自体の歪み

どれもいきなり起こることではなく、何度も開け閉めを繰り返すことで徐々にこのような状態へなっていきます。
もちろんドア側だけでなく、鍵そのものも何度となく使っている内に摩耗していくことがあげられます。

では実際に鍵が閉まらない場合、どのような対処すればいいのかをご紹介します。

外側から鍵が閉まらない時の対処法

外から鍵が閉まらない場合、その原因の多くは鍵穴にたまったゴミです。
もしくは錠前内部の滑りが悪くなっている、または鍵自体に汚れが付着していることもあります。

このような場合、まずは掃除機で鍵穴を掃除することから始めてみましょう。
パソコンの掃除等で使うエアダスターがあれば、それを利用するのもお勧めです。

やってはいけない対処法としては、楊枝や針を鍵穴に入れることです。
鍵穴の内部は大変精緻な構造となっているため、誤って楊枝の先が折れてしまったり、針で傷をつけたりしてしまっては、かえって厄介なことになるからです。

又、ホームセンターで販売している油をさす等の行為も厳禁です。
油が内部に入ることで、さらにほこりが付きやすくなったり、油が固まったりするからです。
鍵穴専用の油を使用すれば話は別ですが、鍵が閉まらないという状況に至ってから、その特殊な油を用意するというのは現実的ではありません。

外から鍵が閉まらない時の対処法は、直接鍵穴の内部に触れることがない範囲で掃除をする程度にとどめておきましょう。

内側から鍵が閉まらない時の対処法

内側から鍵が閉まらない時の対処法

外側からは鍵をかけられるのに、内側からはかけられない場合があります。

この原因はドア錠の劣化によるものです。
長期間鍵を使い続けるということは、金属と金属が擦れ合うわけで、当然のように変形や摩耗は避けられません。
又、海の近くやほこりの多いところ、浴室等の水がかかるところでも劣化が早く進みます。

この場合は素人が対処するには難しいため、鍵の専門業者に依頼するのがよいでしょう。
多くの場合、修理対応ではなく交換になります。

これを避けるためには、鍵の開け閉めにコツが必要になっていたり、鍵を回しにくかったりする感じがしてきたら、早めに専門家の診断を仰ぎましょう。
大事に至る前に、メンテナンスへ意識を向けることが大切です。

内側からも外側からも鍵が閉まらない時の対処法

内側からもだけでなく、外側からも鍵が閉まらない時は、鍵穴に異物が入り込んでしまった場合や、蝶番の緩みによりドアそのものの立て付けが悪い状態になっていることが考えられます。

この場合の対処法としては、前者であれば鍵穴の汚れを取り除き、後者であれば蝶番の緩みを締めることです。
蝶番の緩みによるケースは、建物が古い場合などで稀に起こりえるものですが、このような場合以外で鍵が両方から閉まらない場合、自力で直すことはまず困難でしょう。

鍵が閉まらない原因がはっきりしない場合

鍵が閉まらない主な原因と対処法をあげてきましたが、実際のところ原因は一つだけでなく複数の場合もあり、自己判断では難しいところです。

比較的新しいドアの場合、鍵穴や鍵本体を掃除をすることで鍵が閉まるようになるケースもありますが、掃除といっても分解清掃などは決してしないでください。
分解清掃などを行うには、専門の工具とそれを使いこなす知識が必要だからです。

ドア錠の一部を交換するだけで済むはずが、分解してしまったが故にかえって高価な修理になってしまったケースもあるので、まずは鍵の専門家に相談してみましょう。

まとめ

ドアの鍵が閉まらない場合の原因と対処方法のまとめ

鍵が閉まらない場合の原因と対処法をみてきましたが、大切なのは精密な部分には触らないようにすることです。

強引に鍵を回す、鍵穴の中に針金等を入れてみるなど、力に訴えることはせず、内部に触れないよう掃除をする程度にとどめておくことが賢明です。
鍵が閉まらない時にまず試してみたい対処法は、鉛筆の鉛が潤滑油代わりとなるため、鍵を濃い鉛筆でなぞって拭き上げ、鍵穴は掃除機をかけて様子をみてみましょう。

その上で、どうしても鍵が閉らないのならば、無理をせずにまずは専門家へ依頼して、現状の確認をするのがよい選択でしょう。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください