カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:鍵が回らない

鍵が錆びて開かない門扉!すぐに開けたい場合の対処方法は?

鍵は長く使っていると錆びてくることがあります。特に、雨風に晒されやすい門扉の鍵については、その可能性を考慮しておかなければなりません。門扉の鍵が錆びて開かなくなったら、敷地に入れなくなってしまいます。門扉を強引に引いたり、よじ登ろうとしたりするのは良くありません。破損や怪我につながりやすいので、すぐに開けたくても一度冷静になりましょう。そのような場合に試すべき対処方法を紹介します。

落ち着いて鍵を抜こう

ドアと鍵のイメージ

何とか鍵を開けたいと思って、力づくで回そうとする人もいます。しかし、その行為はNGです。鍵が回らないという現象は、鍵が壊れる前兆かもしれないからです。

外からは分かりませんが、鍵穴の内部はとても複雑な構造になっています。錆があると、その影響で鍵とのかみ合わせが悪くなり、スムーズに回らなくなることが多いです。その状態で力づくで回すと、腐食が進んでいる部分に亀裂が入ってしまう恐れがあります。また、錆が崩れてパーツの隙間に入り込むこともありえます。

どちらにせよ、これまでどおりに門扉を使うのは難しくなるでしょう。そのような事態を避けたいなら、無理に回し続けようとせずに、いったん鍵を抜いてください。抜くときも乱暴にしないように注意が必要です。

本当に錆のせい?原因を確認!

鍵を抜いた後に行うのは、本当に錆が原因で開かないのか確認することです。実は、鍵が回らなくなる原因は他にも多くあります。たとえば、細かいゴミが鍵穴に詰まっていることも、よくある原因の一つです。鍵の防犯性能が上がるにつれ、鍵穴の内部構造の精密度も高くなっています。

そのため、わずかなゴミがあるだけで鍵が開かなくなるケースも少なくありません。錆に原因を絞った対処を始める前に、そのような可能性も疑ってみることが大切です。もしゴミが原因であれば、エアダスターで内部を掃除するだけで改善できる場合もあります。また、錆が原因であったとしても、鍵と鍵穴のどちらが錆びているのかによって対処が異なります。鍵と鍵穴の状態をよく観察しましょう。鍵が錆びているように見えても、すぐに錆が落ちるなら鍵穴の錆が付着しただけかもしれません。

急いでいるならコレ!鍵の錆を落とす手軽な方法

掃除道具のイメージ

急いでいるときに試したい方法は、鍵を歯ブラシで磨くことです。歯ブラシであれば、コンビニでもすぐに入手できます。歯ブラシで軽く擦るだけでも、錆は意外とよく落ちるので試してみると良いでしょう。

ディンプルキーという種類の鍵は、表面に小さな窪みがたくさんあります。歯ブラシを使えば、毛先でそのくぼみの奥にもアプローチが可能です。

また、歯ブラシほど手軽に入手はできませんが、クエン酸を使用する方法もあります。クエン酸の水溶液に錆びた鍵を付けておくと、錆がきれいに取れやすくなります。ただし、錆を落とした後は十分すすがなければなりません。錆が落ちたとしても、鍵の表面にクエン酸の粒子が残ってしまう恐れがあるからです。その状態で鍵穴にさすと、鍵穴の内部に汚れとして付着してしまいます。それが故障の原因になることもあるので注意してください。

鍵穴の錆を除去するには?

鍵をさすたびに錆が付着するなら、鍵穴の内部が錆びていると考えられます。鍵穴の内部をケアするのは難しく、コンビニで手軽に入手できるような物では対処できません。もしホームセンターが近くにあれば、潤滑油を購入してくるのも一つの手です。スプレータイプのものが使いやすいでしょう。

まず、鍵穴に吹き付けて内部に潤滑油を浸透させます。その状態で純正の鍵を抜き差しすると、他の汚れと一緒に錆も取り除ける場合があります。ただし、潤滑油であれば何でも良いわけではありません。鍵用の商品があるので、必ずそちらを選んでください。成分的にも安心ですし、鍵穴に吹き付けやすい形状になっているので便利です。

また、鍵のメーカーによっては専用の潤滑油を用意しているケースもあります。時間に余裕があれば、メーカーに問い合わせて確認するのが理想的です。

まとめ

粗悪品の鍵のイメージ

こうした方法を試すと、門扉の鍵が開けられる可能性があります。 しかし、あくまでも応急処置であり、錆び具合がひどい場合はあまり効果を期待できません。

また、錆以外にも原因がある場合は、これだけでは開かないケースも多いです。 たとえば、合鍵が粗悪品でその歪みが関係しているようなケースもあるでしょう。 原因が複合的である場合は、素人が対処するのは非常に困難です。 いつまでも中に入れない可能性があるので、ある程度試したら見切りをつけるのが得策です。 鍵の専門業者を呼ぶのが、最も確実で早いでしょう。

鍵開けだけでなく、鍵穴のクリーニングをしてもらうことも可能です。 錆を除去してもまた錆びてくる可能性が高いので、錆止めの処置も施してもらうと良いでしょう。 鍵や鍵穴はとてもデリケートです。 そういう意味でも専門業者に任せるのが望ましいですが、自分で処置する場合はくれぐれも慎重に行ってください。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください