カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:鍵が回らない

鍵が回らない!そんなときにするべき対策法とは

部屋に入ろうとしたのに鍵が回らなかったり、固くてなかなか回せなかったりして困った経験のある人も多いでしょう。 そんなときに慌てないためには、鍵がそのようになってしまう原因と、対処法をあらかじめ知っておくことが大切です。 そこで今回は、鍵のトラブルに困らないためにはどうしたらよいのか、詳しく解説しましょう。

鍵が回らない原因とは?

摩耗した沢山の鍵のイメージ

鍵が回らなくなってしまう原因としてはいくつか考えられます。 第一の理由としては、内部構造のゴミや錆つきが挙げられるでしょう。 鍵穴の中のシリンダー錠は複雑な構造をしているので、わずかなゴミやホコリ、錆つきが原因でシリンダー部分が磨耗してしまうことがあります。そうすると、鍵とのかみ合わせが悪くなってしまうのです。

その逆のパターンとして考えられるのが鍵の磨耗です。シリンダー錠には問題がないものの、鍵が磨耗してしまっていたり歪んでしまっていたりすることでかみ合わせが悪くなっていることも考えられます。 そのほか、たとえばスペアキーを鍵屋さんなどで複製する際、その鍵屋さんの技術が低いと、最初のうちは問題なくても次第にかみ合わせが悪くなってきたりします。 そうして複製した鍵を元にしてさらにスペアキーを作ってしまうと、鍵とシリンダー錠とのズレはより大きくなり、故障の原因となるのです。

それらの原因以外にも、たとえばメンテナンスのつもりで鍵専用ではない潤滑油を鍵穴に流してしてしまったり、いたずらで鍵穴に針金や爪楊枝のような細いもので突っ込んでみたりといった人為的な原因も考えられます。 また、これらの原因が考えられなくても、鍵の寿命は10~15年といわれています。 何も問題がなくても経年劣化によって故障している場合も考えられますので、鍵の回りが悪くなったと感じたら早めにメンテナンスや鍵の交換を依頼するのがおすすめです。

無理に回そうとすると壊れる!

鍵が固かったり回らなかったりするとき、ついやってしまうのが無理に強い力で開けようとすることです。 しかし、そのようにすると中で鍵が折れてしまうことがあります。鍵が鍵穴の中で折れてしまった場合、その鍵を取り出すのは不可能です。そのため、そのような際には鍵シリンダーごと交換しなければなりません。

実は、鍵の交換理由として最も多いのが、この「鍵が中で折れてしまった」ケースなのです。 うまく曲がらない場合は、決して力任せにしないことが大切です。

鍵が回らないときの対処法!

実際に鍵が回らなくなったときの最も適切な対処方として挙げられるのは、プロの業者に依頼することです。 とはいうものの、状況や時間帯によってはそれができないということもあるでしょう。 また、できるだけお金をかけたくないという人も多いかもしれません。

そのような場合は、ホームセンターなどで鍵専用の潤滑油とエアダスター、それに真鍮のワイヤーブラシか歯ブラシを購入しましょう。 そして、まずはエアダスターを使って鍵穴の内部にたまったゴミやホコリを取り除きます。 その次に、真鍮ブラシや歯ブラシを使って鍵をきれいに掃除しましょう。 この2つの作業が終わったら鍵穴に潤滑油を注ぎ、鍵を差して回します。 通常はこの作業で鍵が回りやすくなるでしょう。

しかし、それでも直らない場合には鍵を抜いてみてください。 すると、鍵に茶色いものが付着していることがあります。 この茶色いものはシリンダー錠内部にできた錆です。 錆つきが原因の場合には、ここまでの作業を何度も繰り返すことで状態が改善されるかもしれません。

しかし、そういった対処法を取らなければならない時点で鍵の寿命は限界に達していると考えられます。 この先いつ同じ状況になるか分かりませんので、鍵のトラブルは自分で対処するよりも、やはり業者に交換を依頼する方が無難です。

鍵のトラブルを未然に防ぐには

鍵のイメージ

鍵は普段からメンテナンスを施しておくことで寿命を延ばすことができます。 その方法は鍵が回らない場合の対処法とほとんど同じです。 エアダスターで内部を掃除したり、鍵専用の潤滑剤を差すことが効果的です。

また、複製した鍵は非常用にして、普段はなるべく使わない方がよいでしょう。 鍵が回しにくくなったり固くなったりといった症状は壊れてしまう前のサインです。 賃貸住宅に住んでいる場合は、そのような症状が現れたらなるべく早めに大家さんや管理会社に連絡し、対処してもらいましょう。

経年劣化が原因であれば、貸主負担で治してもらえることが多いです。 一方で、持ち家の場合は、ひどい状態になる前に鍵を付け替えたり業者に依頼しましょう。

まとめ

メンテナンスの道具

鍵のトラブルは予防が大切です。 鍵は毎日使用するものです。 だからこそ、ある程度の年数が経過したら鍵のメンテナンスをしっかりしておきましょう。 鍵の開け閉めに違和感をおぼえた場合には要注意です。鍵交換などは実際に壊れてしまう前に対処しておいた方が、かかるお金も苦労も少なくてすみます。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください