カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:鍵が回らない

玄関の鍵がまわりにくい!自力でできる解決方法まとめ

玄関のドアに鍵をかけようと、鍵穴に差し込んでもなかなかまわらないことがあります。鍵が固すぎるドアはとても使いにくく、出かけたり帰ってきたりするたびに面倒な思いをしてしまうでしょう。

思い切って鍵を交換するか修理を呼ぶのも一つの方法ですが、その前に自力でできる解決法を試してみるのがおすすめです。上手くいけば時間やお金をかけずに鍵の不具合を直せます。ここでは、自分で簡単にできる「まわらない鍵穴」の解決方法をまとめました。

鍵や鍵穴にゴミがついていないかチェックする

ドアの鍵イメージ

鍵がうまくまわらないときにはさまざまな原因が考えられます。もっとも多いのは「鍵穴にゴミがつまっている」状態です。鍵穴は精密な構造になっているため、わずかでもゴミやホコリがつまってしまうと鍵がはまらないようになるのです。鍵穴の掃除には、掃除機を使ってゴミを吸い出すか、エアダスターを使って吹き飛ばす方法が有効です。

それでも鍵がまわらないのであれば、鍵穴ではなくて鍵本体に原因がある可能性があります。鍵にホコリがついていると、やはり施錠しづらくなります。また、鍵をポケットに入れているうちに服の中のホコリが鍵に付着してしまうこともあります。そんなときは歯ブラシを使うと、鍵をきれいに掃除することができます。

金属製の鍵であれば、サビもまた施錠を邪魔する要因です。 鍵はケースにしまって持ち歩くなど、普段から工夫をしましょう。

あると便利なエアダスター

鍵穴の汚れを取り除くときには、前述したように掃除機やエアダスターを使いましょう。掃除機ならゴミを吸引できるため、効率的に鍵穴の掃除ができます。

ただし、掃除機も鍵の種類によってはうまくいきません。鍵穴の溝にゴミやホコリがひっかかっているときには、いくら吸引しても取り除けない恐れがあります。

そこで、ストックしておくと便利なアイテムがエアダスターです。エアダスターは掃除機のように「ゴミを吸い込む」のではなく、「ゴミを吹き飛ばす」タイプの掃除グッズです。小型でスプレータイプのエアダスターを鍵穴に吹きかけると、溝にはさまっていたホコリも取り除きやすくなります。

鍵穴の潤滑をよくする

鍵穴も長年使用していると、新品のころとは状態が変わっていきます。細かい傷がついたり微妙に形が変わったりして鍵がはまらなくなるのです。どうしても鍵がまわらないようであれば、いっそ交換してしまった方が安全です。

しかし、その前に潤滑をよくする方法を試してみましょう。ホームセンターで売っている鍵穴専用の潤滑スプレーは鍵穴をすべりやすくし、鍵をスムーズにさしこめるようにサポートしてくれます。潤滑スプレーが家になくて買いにいく時間もない場合は「鉛筆の芯」で代用するのがおすすめです。潤滑スプレーの成分は鉛筆の芯とよく似ています。

鉛筆の芯を鍵穴に塗りこむことで、鍵がまわりやすくなることがあるのです。芯を細かく削ってから、少しだけ鍵穴にまぶしてみましょう。濃い鉛筆の芯がやわらかく、鍵穴につまってとれなくなるリスクがありません。使うならB以上の濃さが理想です。

「まわらない鍵穴」にやってはいけない対策は?

ピッキングイメージ

鍵穴がまわりくいとき、間違った対策を行うとより事態を悪化させる恐れがあります。たとえば、ドラマなどでよく針金を使って鍵を開ける「ピッキング」という技術が登場してきます。しかし、ピッキングには高い経験を要するだけでなく、うかつに行うと針金が折れて鍵穴に刺さってしまい取れなくなるのです。専用の道具がないのにピッキングを行うのは控えておきましょう。

鍵穴の掃除でも、潤滑スプレーやエアダスターできれいにするのが基本です。つまようじなどの先が細いものを使って掃除をしていると、針金と同様に折れてしまう危険性があります。潤滑剤以外の液体を鍵穴に注ぐのもおすすめできません。中で液体が固まったり、ゴミとまざって穴の中にこびりついたりすると簡単には取れなくなります。洗剤や油など、手近なものを使いたくなってもやめておくのが無難です。

まとめ

蓄積されたゴミのイメージ

ここまで、鍵がまわりにくくなったときに自分でできる解決方法を説明してきました。 鍵を長持ちさせるには、特に問題を感じていない時点からメンテナンスを欠かさないようにすることが必要です。 鍵は強い圧力をかけられない限り、急激に使いにくくなるようなものではありません。 蓄積されたゴミやホコリが徐々に鍵をまわしにくくしていくのです。 日常的にメンテナンスをする習慣があれば、鍵は安全に使用し続けられます。

まず、鍵はこまめに掃除するようにしましょう。布やハンカチで軽く拭くだけでも鍵は新品の状態を保てます。 また、綿棒などのやわらかい道具を使って鍵の溝をきれいにしてもいいでしょう。 鍵穴もたまにはきれいにするのがおすすめです。 家の掃除をするついでに、掃除機やエアダスターで鍵穴をメンテナンスしましょう。 鍵は家の安全を守る大切なパーツだけに、常に良好なコンディションを保ちたいところです。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください