カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:鍵が回らない

鍵は回るけど開かない・・・原因や対処方法

目次

出掛けるとき、帰宅したとき、玄関ドアの鍵が回るのに開かないというときには大変焦ってしまいます。
焦っていろいろしてしまうと、余計に鍵を壊してしまう可能性があります。

鍵のトラブルは、落ち着いてから対処していくことが大切です。

意外と多い盲点的な鍵トラブル

意外と多い盲点的な鍵トラブル

鍵を差し込むことができるのに開かないときには、以下2つの理由がまず考えられます。

  • 鍵が違う
  • 開けたつもりで実は閉めている

単純なようですが、実は意外と多い理由です。
鍵の開け閉めは、いつも何気なく行っているため、自分の家の鍵がどちらに回したら開いて、どちらに回したら閉まるかを突然聞かれてすぐに答えられる人は少ないです。
それほど無意識に行っている動作です。

冷静になればすぐ分かる単純な理由でも、いざ開け閉めできないと焦ってしまいます。
上記2つは、防犯のために鍵を2つ以上つけている人が特に陥りやすいトラブルです。

鍵穴が壊れて開かない

鍵穴が壊れて開かない

鍵が鍵穴に入っていて回るのに開かない、または入っても回らない、そもそも鍵穴に差さらない、これら開かない主な理由は以下の4つです。

  • 異物の詰まり・・・台風や強風などで鍵穴に異物が詰まってしまったことが原因です。無理矢理開けると異物がさらに奥へ詰まってしまい、シリンダーが壊れることもあります。
  • 鍵の老朽化・・・鍵にも劣化があります。使い続けるとサビや摩耗で開かないこともあります。
  • 鍵穴に油をさしてしまった・・・動きをスムーズにするためと思い、鍵穴に油をさすと、油とホコリなどがくっつき余計に開かなくなってしまいます。
  • 合鍵が合わない・・・純正の合鍵などではなく、街の鍵屋などで作製した鍵は、純正の鍵と比べると強度も精度も劣ります。毎日使い続けると、鍵穴の元の形が削られて次第に歪んでいき、壊れてしまうこともあります。

自分で行う対処法

自分で行う対処法

エアーダストで鍵穴の中にあるゴミやホコリを取り除いてから、鍵穴に住宅用の鍵専用潤滑油を注します。
鍵本体は金属ブラシまたは歯ブラシでゴミなどをきれいに取り除いてから、鍵穴に差しこみ回してみます。

強引に回して外れる感触があったら要注意です。
その場合はシリンダーのロックが外れてしまっている可能性が高く、これは自分で直すことはできませんので、業者へ修理の依頼をしましょう。
これには修理代が発生しますので、はじめから業者へ依頼したほうが安くなってしまうことがあります。

プロに任せて安心

鍵開けの業者へ修理を依頼したときには、修理代または交換手数料にプラスして、部品の費用も掛かります。
費用を抑えるためにシリンダーは自分で交換するという人もいますが、上手に取り付けできたように見えても、細かな部品が正しく取り付けできていないと、以下のような症状が早々に出てしまうこともあります。

  • ドアが開かなくなってしまった
  • ドアが閉まらなくなってしまった

鍵の状態に不具合があると、たとえピッキングに強い鍵を取り付けても、空き巣は簡単に開けてしまいます。
また、慣れない人では交換作業に時間が掛かります。
業者へ依頼すれば、作業時間は30分程で完了しますし、鍵のプロに依頼したことで安心感を持つこともできるでしょう。

事前の兆候を見逃さない

鍵が回らないとき、事前に以下のような、実は壊れる前の兆候が出る場合が多くあります。

  • 鍵が硬くて回りにくかった
  • 引っ掛かった感じがあった

鍵の構造は複雑です。
シリンダー錠の場合にはほんの小さなゴミやホコリ、サビなどによって噛み合わせが悪くなってしまうこともあります。 これを防ぐには、早めに以下のようなシリンダーの掃除を行います。

  • 鍵穴に掃除機を押し当てて、中のゴミを吸い出します。  (パソコンのキーボード掃除に使うエアーダストなどもおすすめです)
  • 鍵自体の掃除も行いましょう。古い歯ブラシなどで擦って汚れを落とします。
  • 住宅用鍵専用の潤滑油(油が含まれていない潤滑油)を、鍵穴に少量スプレーをすると、鍵の滑りがよくなります。

まとめ

鍵は回るけど開かない・・・原因や対処方法のまとめ

忙しい朝や待ち合わせをしているとき、疲れて帰宅したときに、玄関ドアの鍵を差して回しても鍵が掛からなかったり、開かなかったりする鍵のトラブルは唖然としますし、慌ててしまいます。

鍵トラブルは事前に兆候が出ることも多いため、見逃さずに余裕をもって対処しておくことが肝心です。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください