カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:鍵が開かない

鍵穴がサビて開かない!錆やゴミを除去して鍵穴の状態を改善させる方法

目次

日常生活の中で、意外と多いのが「鍵のトラブル」です。「なんとなく変だな」という状況を放置していると、ある日突然「鍵が開かなくて困った!」なんて事態に陥ってしまうことも。

もしかしてそれは、鍵穴がサビてしまっているのかもしれません。鍵穴の中の環境が劣化していると考えられるときに効果的な対処方法を紹介します。

本当にサビ? ゴミが詰まっているだけの可能性も

本当にサビ? ゴミが詰まっているだけの可能性も

鍵穴の内部は、非常に精巧な作りになっています。ほんの少しのサビが発生しただけでも、システム全体に影響を与え、鍵が開けられなくなってしまう可能性もあります。とはいえ、鍵が開けられない原因はサビだけとは限りません。まずは一つひとつ、考えられる原因をつぶしていきましょう。

サビ以外に多いのは、小さなゴミが内部に詰まっているというケースです。特に最近主流となっているディンプルキーは、非常に精密な作りになっています。人の目で見逃してしまうような小さなゴミが原因で、開錠できない状態になってしまうこともあります。

まずはこのようなゴミを取り除くための作業を開始しましょう。掃除機の細いノズルで鍵穴を吸ってみたり、パソコンの清掃などで使うエアダスターで吹き飛ばしたりするのがオススメです。清掃が終わったら、鍵を鍵穴に差し、ゆっくりと回してみてください。

もし回らなくても、無理は禁物です。ゆっくりと鍵を抜いて、次のステップへと移りましょう。

ゴミを取り除いてもダメなら専用の潤滑剤を

ゴミを取り除いてもダメな場合には、サビによるトラブルの可能性が高くなります。より本格的に、鍵穴内部の劣化した状態を改善させるための作業をスタートしましょう。

このときに用意するのは、鍵穴専用の潤滑剤です。鍵のメーカーによっては、純正の潤滑剤を販売しているケースもありますから、できればそれを使用するのがオススメです。

鍵穴専用の潤滑剤は、鍵穴に吹き付けやすい形状になっています。きちんと説明を読み、適正量を吹きかけてください。その後、純正の鍵を何度か抜き差しすることで、汚れやサビがとれて状況が改善する可能性があります。ゴミやサビを取り除きながら、作業を進めていきましょう。

お手入れが終わったあとは、再度鍵を挿入し、ゆっくりと回転させてください。もしもきちんと開錠できれば問題は解決です。今後は、専用の潤滑剤を用いて定期的にメンテナンスすると良いでしょう。

鍵専用の潤滑剤以外はNGです

鍵のトラブルは、いつだって突然やってくるものです。状況や時間帯によっては、鍵専用の潤滑剤を用意するのが難しい場合もあるでしょう。

こんなとき、もし手元に別の潤滑剤があったら、「まぁ、これでいいか」と考えてしまうかもしれません。しかし、専用品以外の潤滑油を使うことは、絶対に避けてください。

油で鍵が滑りやすくなるため、状況は一時的に改善したように感じられることでしょう。しかし鍵穴専用品以外の油は、徐々に埃を吸着し、鍵穴内部にくっついてとれなくなってしまいます。鍵は非常に精密な機械ですから、ごくわずかなゴミであってもシステムに影響するのです。

もし市販の潤滑油を用いて、その後「鍵が回らなくなる」などのトラブルに見舞われた場合、シリンダーごと交換する必要があり、思いがけない高額出費につながってしまうでしょう。

それでもダメなら、弊社のような鍵のプロに依頼しましょう

それでもダメなら、素直にプロを頼りましょう

鍵穴専用の潤滑剤でメンテナンスしても、どうにもならないケースもあるでしょう。鍵穴の劣化が進むと、DIYでなんとかするのは難しくなってしまいます。プロの手を借りて、内部の状況をしっかりと把握する必要があります。

鍵のプロの目で、クリーニングやメンテナンスでなんとかなる場合もあれば、修理や交換が必要になる場合もあります。クリーニングして「良くなった」と感じられても、またすぐに状況が悪化してしまうことも考えられますから、長い目で見て、安心して生活できる方法を選択するのがオススメです。

トラブルが起きたときには、もちろん「どうするのがベストなのかわからない」ということもあるでしょう。弊社であれば鍵の状態をチェックした上で、専門家ならではのアドバイスをさせていただきます。

まとめ

鍵穴がサビて開かない!劣化した鍵穴の状態を改善させる方法のまとめ

鍵穴がサビて開かないときには、非常に焦ってしまいます。しかし無理に力を加えることは禁物です。内部で鍵が折れてしまうと、より深刻なトラブルにつながってしまいます。

専用のメンテナンスアイテムがあれば、まずは自分で鍵穴を清掃してみるのも良いでしょう。しかし、それでもどうにもならなければ、鍵のプロに相談しましょう。

劣化した鍵穴の状態を改善させた方が良いのか、それとも鍵そのものを交換した方が良いのか、詳しくチェックいたします。

電話で問い合わせる【0120-409-020(6:00-25:00)】

メールで問い合わせる

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください