カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:鍵の作成

家の鍵をなくした!新しく作る前の注意点とは?

目次

鍵をなくしてしまった時は慌ててしまう人が多いかもしれません。新しい鍵を作成するのも大切なことですが、後でトラブルにならないためにも注意しておきたいことについていくつか解説していきます。

速やかに警察に届ける

交番のイメージ

まず、やっておきたいのは警察に届けを出しておくことです。キーケースやキーホルダーにまとめている場合は、会社の鍵なども一緒に失くしてしまうことがあります。

万が一、気づかないうちに盗まれていることがあっては犯罪につながることもあるかもしれません。そのためにも、警察に届けておくことを第一にしてください。

また、集合住宅の場合はマスターキーを失くしてしまうと、退去の際に交換費用を負担しなければならないこともあります。警察に届けることで、もしかすると時間が経ってから出てくることもあるかもしれません。誰かが拾って警察に届けてくれれば、無事に自分のところに戻ってきます。

届ける警察は、鍵がないことに気づいた時点で近くにあった交番でも大丈夫です。自宅付近や勤務先近くの交番でも特に問題はありません。いつからないのか、どこの鍵なのか、そしてどんな特徴のキーケースまたはキーホルダーかを届ける前に整理しておくといいでしょう。

家族や管理会社に連絡して確認する

鍵をなくした時には、家族に連絡することも忘れてはいけません。まれなケースでは、自宅を知っている人物によって盗まれている可能性もあります。

自分の鍵を使って侵入されるということもあります。防犯上のことを考えて、鍵を失くした時には家族にもすぐ知らせておきましょう。その他の利用として、常に在宅の家族がいる場合には、鍵を持って出たつもりで実は自宅に置いたままというケースもあるからです。慌てず冷静に、鍵が自宅にないかどうか確認してください。

家族も仕事などで留守にしている場合は、業者に鍵を開けてもらう必要が出てきます。会社にも忘れていないかどうか、確認しておくといいでしょう。

また、賃貸物件の場合は管理会社にも連絡を入れてください。通常、管理会社でも鍵を保管しているので、時間によっては開けてもらうことができます。同時に失くしたという報告も忘れないようにしましょう。賃貸物件の場合は、紛失した時点で交換などの対処が求められることもあります。防犯上のことも考えて、そのままにせず速やかに報告してください。

ポケットやバッグの中などを確認する

バッグのイメージ

意外に多いのが、バッグやポケットから出てくるというケースです。いつもと違うバッグにした時やコートを変えた時などは、鍵を入れる場所も変えてしまうことがあります。

特に、収納が細かく分かれているバッグや、内ポケットのあるコートやジャケットなどは、可能性のある場所を改めて確認してみてください。財布の中、そしてサイドバッグがあればその中も見てみましょう。

女性の場合はハンドバッグに入れたつもりでショッピングバッグに入れている場合もあります。自転車を利用している人はカゴに落ちていることもあるので、確認してみましょう。車を運転する人はシートの下や足元、ドリンクホルダーなども調べてみてください。そして、警察に届けた後に見つかった時には、その旨を連絡することも忘れないようにしましょう。

立ち寄った場所を当たってみる

次に、自分が立ち寄った場所を1軒ずつ当たってみてください。会社や病院、スーパーや飲食店など、自分が立ち寄ったところをできるだけ直接行ってみることです。近くであれば順に辿ってみるのもいいでしょう。

落としたばかりであれば、自分が通ってきた道にまだ落ちている可能性もあります。場所が遠い場合は、その場で電話するほうがいいかもしれません。

鍵のような小さなものは、財布などをバッグから出した時に引っかかって出てしまうなど、ちょっとしたはずみで意外なところに落としていることもあります。食事をした店や買い物した場所など、できるだけ早めに確認してください。また、万が一見つかった時にはすぐに連絡がもらえるよう、連絡先を伝えておくのもいいでしょう。

まとめ

スペアキーのイメージ

警察に届け、思いつく場所をいろいろ探してもない場合には、スペアキーを新たに作成するしかありません。しかし、防犯上のことを考えれば鍵ごと交換するほうがいいでしょう。

ただ、賃貸物件の場合は勝手に鍵を変えられないのが一般的です。契約上の問題も出てくるので、交換に関しては管理会社に相談してください。管理会社によって鍵交換の規定はいろいろ分かれます。紛失での交換となると自己負担になる可能性は高いでしょう。

特に、ひとり暮らしの場合は鍵の交換をしておくほうがで安心感です。鍵がない時は、玄関前など非常に近い場所で落としているかもしれません。部屋が特定されてしまうと犯罪に巻き込まれる心配も出てきます。窃盗だけでなくさまざまな危険を防ぐためにも、早めに判断して鍵交換を行いましょう。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください