カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:鍵の紛失

鍵をなくさない工夫や各種グッズ

目次

鍵を無くした経験がある人は、比較的多いのではないでしょうか。
見つかればいいのですが、最悪見つからず、完全に紛失してしまうこともあるでしょう。

車の鍵などの場合、もし遠出をしていた時に無くしたら、最悪の事態となります。
家の鍵であれば家の中に入れなくなってしまう可能性もありますし、外で無くしてしまったら、第三者の手に渡って悪用される可能性も考えられるので、不安がつきまとってしまいます。
また、忙しい時に限ってなかなか見つからないなんてこともあるでしょう。

ここでは、そのようなことを避けるために、鍵を無くさないための工夫やグッズなどを紹介します。

鍵に鈴などの音が鳴るキーホルダーをつける

音が鳴るキーホルダーをつける

鍵を無くす時のシチュエーションとして、ポケットやカバンから落としたことに気づかず、無くしてしまうというケースがあります。

そこで、鍵に鈴などの音が鳴るキーホールダーをつけておけば、落とした時に音が鳴って気づくことができ、落として無くすということが防げるでしょう。

財布やズボンに紐づける

鍵を大事な財布や履いているズボンに紐づけるという方法もあります。

財布の中には、カードや小銭だけでなく鍵も収納できるタイプがあるので、財布をそのタイプへ変えて使えば、鍵を無くしにくくなるでしょう。

また、キーチェーンやカラビナなどを利用し鍵をまとめて、それをズボンに括り付ければ無くす可能性も低くなるでしょう。
今ではオシャレとして鍵をズボンにつける人もいるので、オシャレを楽しみつつ、鍵を無くさない対策とするのも良いかもしれません。

アラーム・サーチグッズを使う

アラーム・サーチグッズを使う

キーホルダーの中には、一定以上離れたらアラームが鳴る特殊なアイテムがあります。
これを鍵につけておけば、万が一落として気づかずにいた場合でも、離れるとアラームが鳴ってくれるので、落としたことに気づけるでしょう。

また、GPS機能がついたキーホルダーもあります。
これを鍵に付け、スマートフォンなどと連動させることで、鍵が今どこにあるのか分かるようになります。
どこで無くしたのか見当がつかない場合でも、このグッズを使えば一目で鍵がどこにあるかが分かる、かなり便利なグッズです。

合鍵を作っておく

合鍵を作っておく

鍵を無くさない工夫ではなく、無くした後のことを考えて、合鍵を作っておくという方法もあります。
合鍵を2~3個作っておけば、無くしたとしても合鍵があるので、探す手間などはかかりません。

忙しい朝に、鍵が無くてイライラした経験がある人もいるでしょう。
そんな時に合鍵を用意しておけば、そのイライラは無くなります。

ただしこの方法は、鍵を無くした後の対処法なので、いずれ無くした鍵を探さなくてはいけません。
家で無くしたのならまだ大丈夫かもしれませんが、もし外で無くしていたとしたら、第三者が鍵を持っている可能性もあります。
それに、合鍵を作るにはある程度のコストがかかります。

そのため、やはり鍵を無くさないようにするが一番でしょう。

カードキーにする

鍵をカードキータイプにするという工夫もあります。
カードキータイプにすることで、財布へ入れることができ、無くしてしまう可能性も低くなるでしょう。

すべての鍵がカードキータイプにできるわけではありませんし、既存の鍵をカードキータイプへ変えることはできませんが、今から鍵を作るという場合なら、カードキータイプにできるかどうかを調べてみると良いかもしれません。

まとめ

鍵をなくさない工夫や各種グッズまとめ

鍵を無くすということは、様々な損害を生み出します。
探す時間もかかりますし、見つからなければ再度作るコストもかかります。
無くしたというイライラでストレスを感じ、体にも悪影響を与えるでしょう。

しかし、今では上記で紹介したように、鍵を無くさないための工夫や便利なグッズがあります。
特にGPS機能を持つキーホルダーは、どこに鍵があるのかピンポイントで見ることができるので、かなり便利です。

このような便利グッズや工夫などを駆使して、鍵の紛失を防ぎましょう。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください