カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:鍵の紛失

スーツケースの鍵を紛失!開かない場合の対処方法

目次

旅行や出張へ行くときなどに必須アイテムとなるスーツケース。
衣類や生活用品、その他大事なものをひとまとめにして持ち運べる大変便利なツールですが、もしこのスーツケースの鍵を無くしてしまったら、
旅行先や出張先でのトラブルの原因になってしまいます。
人によってはかなりパニックになってしまうかもしれません。

しかし、ここでパニックに陥ってしまっては対処できることもできなくなってしまうので、そうならないためにもスーツケースの鍵を紛失した時の対処法について紹介します。

スーツケースを開けるには自分で開けるという選択肢と、業者やプロに頼むという選択肢があります。
どちらもケースバイケースなので、自分にあった選択をしましょう。

ボールペンで開ける

ボールペンで開ける

まずはボールペンで開けるという方法があります。
これは、スーツケースがファスナータイプのものに限定されます。

実は、ファスナータイプのスーツケースはボールペン一本で簡単に開けることができます。
やり方はシンプルで、ボールペンをファスナー部分に突き刺して、それから横にスライドして開けていくという方法です。
また、この方法はうまくやればファスナーを壊すことなく開けることができます。

とにかくまずはスーツケースを開けて、後から鍵を交換するという手段を取ることもできるでしょう。

ピッキングで開ける

ピッキングで開ける

ピッキングで開けるというのもひとつの手です。
決して簡単ではありませんが、鍵を開けられる可能性はあります。
現在はピッキング用のツールなども売られているので、それらを使えばかなり開けられる可能性が高まりますが、実際にトラブルにあったとき、それが手元にあるという人は少ないでしょう。

そういう場合は、ヘアピンや安全ピンなどを利用して試みてみましょう。
ピッキングは素人がやるには難しい技術ですが、可能性はありますので、一度はダメ元でチャレンジしてみるのも良いでしょう。

ただし、ピッキングの過程で鍵が壊れてしまうこともあるので、それを覚悟した上で行いましょう。

壊して開ける

壊して開ける

こちらはもう最終手段です。
ファスナータイプのスーツケースであれば、カッターなどで切って簡単に開けることができますが、フレームタイプのスーツケースはバールなどを用いて力づくで開けるしかありません。

この方法は中身を取り出せたとしても、スーツケースは壊れて使えなくなってしまうことがほとんどですので、なるべく最終手段としておきましょう。

専門の業者・プロに頼む

上記の3つの方法は自力でできるものの、スーツケースを壊してしまう可能性があります。
スーツケースは決して安いものではないので、自力で開けるというのはあまりおすすめできません。

一方、業者へ頼めば確実にスーツケースを壊すことなく開けることが可能です。
それに鍵を開けるだけでなく、そのまま鍵交換などをすることもできます。

鍵を紛失したということは、第三者がその鍵を持っている可能性があるので、セキュリティ対策としても鍵はすぐに交換するべきです。
今では無料見積もりや迅速対応してくれる業者も多く、かなり便利なサービスとなっているので、もし鍵を無くしてしまったら、まずは専門の業者へ電話で問い合わせてみると良いでしょう。

レンタルで借りる

これから使おうと思っているスーツケースの鍵を無くしてしまっている時などには、このような手段もひとつの手です。

今ではスーツケースをひとつだけでもレンタルできるので、あまり頻繁にスーツケースを使わない人は、壊して開けたり業者へ頼んだりするよりも、レンタルでスーツケースを用意してしまうという選択肢も良いかもしれません。

まとめ

スーツケースの鍵を紛失した際のまとめ

スーツケースの鍵をなくすとかなり焦ってしまうかもしれませんが、無くしてしまったものは仕方ないので、次の一手として何らかの対処をするようにしましょう。

今すぐにでも開けたいのなら、上記で紹介したような自力で開ける方法を試みるのも良いですし、少し時間に余裕があるのなら、業者へ頼んで確実に開けてもらうと良いでしょう。

スーツケースのタイプにもよっても対処方法が異なるため、その時の状況に応じて適した行動をとるようにしましょう。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください