カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:鍵の紛失

鍵をなくした!アパートや家の鍵を紛失した場合はどうすれば?

目次

鍵をなくした時、あなたならどうしますか?
アパートの鍵と家の鍵とでは、それぞれ対処法が異なります。

ですが、どちらのケースもまずは警察に届け出をしましょう。
心当たりのあるお店や、通って来た道すじをチェックすることも大切ですが、やはり最終的には警察に確認し、届いていなければ「遺失届」を出すことになります。

合鍵があり部屋に入れる場合でも・・・貸主に連絡する

貸主に連絡する

合鍵があり、とりあえずは部屋の中に入ることができた場合、持ち家ならよいとしても、注意を要するのはアパート等の賃貸住宅に住んでいるケースです。
いつも通りに入ることができるため、つい大丈夫だと高を括ってしまいがちですが、こういった場合でも必ず貸主に連絡することが必要です。
勿論、勝手に新しい鍵へ取り替えることはできません。
又、鍵を紛失した時に備えて、予め合鍵を作っておこうという人もいますが、物件によってはそれさえも禁止されている場合があります。

とにかく賃貸物件の鍵に関しては、全てにおいて貸主の意向ありきと覚えておきましょう。

合鍵がなく部屋に入れない場合

合鍵が無くとも、持ち家の場合、鍵の専門業者に開錠を依頼すればひとまず中に入ることができます。
賃貸の場合で合鍵がなく、大家に連絡も取れず、知り合いにも頼めない…という時は、やはり鍵の専門業者に依頼するのが一番の早道です。

なお、最近はアパート経営を管理会社へ一任している大家も多く、24時間入居サポートがついている物件も数多く存在します。
サポート内容の中に鍵の紛失対応が含まれていれば、管理会社と契約している鍵の専門業者へ依頼することもできます。

又、賃貸契約を結ぶ時には必ず火災保険に入りますが、その契約内容に鍵の開錠が付いているケースもあるので、予め確認しておくとよいでしょう。

鍵の交換

鍵の交換

持ち家、賃貸共に防犯の観点から、鍵の紛失後は新しい鍵の取付を検討するのが望ましいでしょう。
住所を書いたものと一緒に鍵を落としていたとしたら、非常に危険な事態を招きかねません。

賃貸の場合、管理会社や大家の指定する業者を確認し、依頼します。
中には無料で鍵の交換をしてくれるサービスを付けている賃貸物件もありますので、どのように鍵を交換したらいいのか相談してみましょう。

借りた側の落ち度によって発生する鍵の交換なので、その交換費用は借主が相当分を負担することになります。
たとえ借りていたのが古い鍵だったとしても、経過年数は考慮しないことが国土交通省の賃貸住宅における「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」で定められています。
つまり、「古い鍵を新しいものに替えたのだから、その分の値引きをして欲しい」などの主張は通らないとされているのです。

オートロックの物件には注意

オートロックの鍵を紛失した際、管理会社とのやりとりには注意が必要となります。
自室とエントランス、共用部分が一緒の鍵になっていない物件は当てはまりませんが、そうでない場合は非常に高額な請求がなされる場合があります。

悪意をもった第三者がオートロックの鍵を入手すると、マンション内へ容易に侵入することができるため、窃盗などの犯罪の引き金になる可能性は否定できません。
そのような理由から、管理会社が全戸の鍵の交換を申し出るケースがありますが、あまりにもその金額が高いことから、弁護士に相談が持ち込まれることもあります。

ですが、管理会社には本来マスターキーが保管されており、鍵メーカーに依頼すればそれに合わせて個別に鍵を作ることができるので、あまりにも高い金額を請求された時は消費者センター等に相談するのがよいでしょう。

しかし、鍵のメーカーが倒産しているなどの名目で、全戸交換が申し出されている場合もあり、まずは正確な状況を把握することが大切になってきます。

鍵を自分で交換可能な場合

持ち家の場合は、自己判断でインターネット等から購入したものを取り付けるのもよいでしょう。

ただし、その際は今付いているカギのメーカーを調べ、型番やカギの形状を把握する必要があります。
又、互換性のある鍵を探して取り寄せ、さらに取付作業もする流れになるわけで、短期間で鍵の取り換えを済ませたい場合には向かないかもしれません。

管理会社等の許可を得て、鍵の専門業者に鍵の交換を依頼する場合には、数社から見積もりを取り比較検討することが大切です。
比較ポイントとして、以下の2点があげられます。

  • 電話見積もりをしてくれるかどうか。
  • 出張費、キャンセル料はどうなっているのか。

交換の場合、必要なパーツによって料金に違いが出てきますが、概ね2万~5万が相場と覚えておくと役立つでしょう。

まとめ

鍵をなくした!のまとめ

鍵をなくした場合のまとめとして、持ち家の場合は、開錠あるいはドアの錠前も含めての鍵の交換において、優良な鍵の専門業者を選ぶこと、この一言に尽きます。

賃貸の場合は、鍵の紛失がトラブルにつながらないように以下の2点を踏まえ、対応しましょう。

  • 管理会社になくしたことを伝え、交換も含めどのような対応をしたらいいのか訊いてみる。
  • 部屋に入れない場合、24時間入居サポートや火災保険のサービス等があれば利用し、そうでなければ鍵の専門業者に依頼する。
カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください