カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:鍵の紛失

大事な鍵が紛失!まず何をするべき?

目次

鍵は持ち歩くものなので、うっかり紛失してしまう可能性はだれにでもあります。ポケットやバッグに入れておいたはずの鍵が見あたらないと、だれでも非常に焦ってしまうものです。

しかし、そんな場合こそいったん立ち止まって落ち着いて対処しましょう。緊急事態には事前に対処法を確認しておくことが大切です。そこで今回は、鍵を紛失した場合にまず何をするべきか紹介します。

警察に遺失物の届出をしておこう!

届け

鍵をなくしたことに気付いて、身の回りを一通りさがしても見つからなければ、さがすのをいったん切り上げましょう。できるだけ早く警察署や交番に遺失物(落とし物)の届出をするのが望ましいです。どのような状況でなくなったのかわからない以上、悪意のある人物が持っている恐れもあるからです。

空き巣のターゲットになって事件に巻き込まれる可能性もあるなど、防犯面において重大なリスクを背負うことになります。そのため、相談もかねて警察に届出をしておくことは非常に大切です。住所や氏名、鍵の特徴など、いくつかの質問をされるので答えてください。最寄りの交番であれば、周辺の見回りを強化してくれるように頼んでおくのもひとつの手です。

また、紛失した鍵を拾った人が交番に届けてくれる可能性もあります。警察に遺失物の届出をしておくと、鍵が見つかった場合すぐに連絡してもらえることも大きなメリットです。鍵をなくした当日に連絡をもらえるケースや、警察に届出をしにいったらすでに届いているケースもあります。

また、警察だけでなく、その日に利用した交通機関にも連絡しておくと良いでしょう。交通機関の構内で拾った場合は、警察ではなく交通機関の職員や事務所に届ける人も多いからです。もちろん警察や交通機関に知らせておいても連絡が来るとは限りません。来ないことを想定したうえで、次の対処をする必要があります。

先入観を捨ててさがす!立ち寄った場所をリストアップ

鍵をなくして冷静さを失うと、視野がとても狭くなってしまいます。必死にさがしていても見落としてしまうことが少なくありません。先入観を捨てて、ひとつずつ調べていきましょう。

たとえば、鍵をいつもポケットに入れているのであれば、バッグの中にはないと思い込んでしまうケースがあります。そのような先入観があると、バッグを調べるときに雑になってしまいがちです。逆に、いつもバッグに入れている場合は、ポケットを十分に調べていないかもしれません。無意識にいつもと違う場所に入れてしまうことは意外と多いものです。バッグの中身を全部出したり、ポケットの布地を裏返したりするなど、見落としがないように注意深くさがしましょう。

また、冷静さを欠いた状態では、当日のことでも正確に思い出せなくなります。深呼吸をして、記憶を整理することを心がけてください。まず、鍵をどこで最後に見たのかを思い出しましょう。そして、それ以降に立ち寄った場所をリストアップしていきます。それぞれの場所で、鍵を落としそうな振舞いをしなかったか考えることが大切です。買い物をしたのであれば、財布を取り出すときに落としたのかもしれません。スマートフォンの操作に夢中になりすぎて置き忘れるようなケースも考えられます。心当たりのある場所が近くであれば実際に行ってさがすと良いでしょう。場所が遠ければ、先に警察に届出をしておいたほうが安心です。

鍵の専門業者に依頼!鍵開けや交換も

業者

自分の鍵が見つからない場合でも、ほかに鍵を持っている人がいるなら開けてもらえます。また、勝手口などの鍵を閉め忘れていて、そこから中へ入れるケースもあります。しかし、中に入る手段が皆無の場合は、鍵の専門業者に依頼をして開けてもらうのが一般的です。開いたら一件落着と思うかもしれませんが、まだ安心してはいけません。紛失した鍵の行方がわからないので、防犯面のリスクは残ったままだからです。

また、たとえ鍵が警察に届けられて手元に戻ってきても安全になったとはいい切れません。それまでに悪意のある人がスペアキーを作っていることもありえるからです。つまり、鍵を落としてしまった時点で、防犯面のリスクが高まることは避けられません。

そのため、鍵を開けてもらうだけでなく、鍵とシリンダー錠の交換もしてもらったほうが安心できます。鍵開けを依頼するときに、交換についても頼んでおくとスムーズに作業を進めてもらえるでしょう。ただし、マンションなどの集合住宅や賃貸物件の場合は、鍵を自由に交換できない規約になっている場合もあります。管理組合や不動産会社に連絡して、交換しても問題がないか確認するようにしてください。また、鍵の交換を依頼しても、パーツを取り寄せるのに日数がかかるケースもあります。交換が終わるまでは、いつも以上に防犯面に注意して過ごすことが重要です。

まとめ

まとめ

鍵を紛失した場合は、まず冷静になって身の回りをさがしてみましょう。警察に遺失物の届出をしたり、立ち寄った場所を思い出したりすることも大切です。重要なのは、鍵の捜索や中に入る方法を考えるだけでなく、防犯面についての対策も速やかに行うことです。

鍵が無事に戻ってきたとしても、鍵とシリンダー錠の交換をしておけば、とりあえず安心しても良いでしょう。そのうえで、今後は鍵をなくさないように気を付けましょう。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください