カギトラブルのお役立ち情報

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください

カテゴリー:鍵の交換

鍵が壊れてしまった!お得なのは修理と交換のどっち?

目次

鍵は私たちの安全・安心を守るとても大切なものです。しかし、突然壊れてその役割を果たさなくなってしまうことがあります。鍵は使い続けていると磨耗したり、錠前のネジが緩んで鍵穴がずれたりすることがあるからです。鍵の壊れ方によっては防犯上不安に感じたり閉じ込められてしまったりといった弊害が出るので、できるだけ速やかに修理を依頼しましょう。

そこで気になるのが、鍵は修理と交換のどちらの方がお得なのかということです。今回は、両者のおおよその料金相場やメリットを比較して、よりお得な方法を探っていきます。

修理の種類によって費用も変わる

様々な種類の鍵

鍵の修理では、鍵の状態によってさまざまな修理方法が考えられます。

例えば、鍵が鍵穴に入らなかったり抜けなかったりするケースでは、シリンダーの修理が必要です。鍵が鍵穴の中で回らないケースでは、シリンダー修理のほかバックセットの修理も考えられます。

また、ドアが開いている場合と閉まっている場合とでは修理の手間が異なるため、料金にも差が生まれます。ドアが閉まった状態での修理は開錠のほか、場合によってはシリンダーを破壊する必要があるからです。

料金は鍵の修理方法によって変わるので、鍵が壊れた段階では修理費用がいくらかかるのかわからない場合もあることを留意しておいてください。鍵が壊れても一般の人にとっては何が原因なのかわからないことがほとんどです。自ら解決しようと下手にいじってしまうよりも、鍵の専門業者に相談したほうが解決が早く、修理費用も安く済むことでしょう。

鍵修理費用の目安

シリンダー修理費用のおおよその目安として、シリンダー内のゴミを掃除する場合で2,000円以上、接着剤の除去でおよそ5,000円以上、シリンダー内部の修理で6,000円以上を参考にしてください。

また、ドアが閉まっている場合ではこれらの費用にプラスして1万円程度の開錠費用と、シリンダーを破壊する場合は5,000円以上の料金が加わります。バックセットの修理では、デッドボルトの修理で大体6,000円以上、ドアが開いていない場合の錠本体の破壊で8,000円以上、ドアの取り外しで1万2000円以上がおおよその目安です。

このように、修理費用は修理方法によって大きく異なります。単純な修理と思っていても大掛かりなものになることもあるため、修理を依頼する際は多少多めにお金を用意しておいたほうが安心できるでしょう。

鍵交換にかかる費用もチェック

費用の確認

鍵交換にはシリンダーのみの交換やシリンダーと錠前のセット交換などがあります。シリンダーといっても安価なものからディンプルキーなど防犯性の高いものまであるので、同じ交換作業でも費用が大きく異なります。費用はシリンダー交換のみの場合は5,000円~2万円程度で、錠前とセットになると8,000円~3万円程度が目安です。

鍵交換をするとシリンダーや錠前以外にも新しい鍵が数本付属するため、どうしても鍵自体の代金が多くかかってしまいます。人件費以外の料金が発生する鍵交換は、鍵修理に比べて費用が高くつくことを覚えておくと良いでしょう。

交換は修理よりも高いがメリットも多い

鍵交換と修理のどちらがお得なのかは状況によって異なります。例えば、築15年以上経つ建物で1度も鍵のメンテナンスを行っていなかった場合、修理して鍵の寿命を伸ばすよりもいっそ交換して新しくした方がお得となることもあります。

たとえメンテナンスや修理で延命しても、鍵自体が古いものであれば近いうちにまたトラブルを起こす可能性が高いと考えられるからです。使い続けていくと鍵も鍵穴も微妙に変形していくため、古い鍵の場合は修理しても完璧に元通りにならないこともあります。

また、防犯の観点からも鍵は新しいものの方がメリットは多いです。鍵はどんどん進化を続けているため、一昔前のものと比べると防犯性能は確実に向上しています。例えば、一般的な鍵をディンプルキーに換えるだけで鍵の複製が難しくなり、ピッキング被害を10倍近く軽減させる効果があるのです。ディンプルキーはそれ自体値段の高いものですが、鍵の目的のひとつである防犯に対して高い性能を持ちます。鍵が壊れたのを良い機会に、より安全で安心できる新しい鍵の導入を検討してみるのも良いでしょう。

まとめ

鍵のイメージ

鍵修理は値段が安く、簡単なトラブルに対して対応できるのがメリットです。一方の鍵交換は、修理と比較して費用がかかるものの、長い目で見たときにはお得に感じられるメリットが多くあります。鍵修理か鍵交換かを決める際に大切なのは、金額だけで判断せず、鍵の状態などさまざまな点を総合的に考えることです。鍵は使い続けているといずれは磨耗していく消耗品です。鍵の目的である安全・安心を確保するためにも、鍵が壊れた際にはどうすればベストなのかをきちんと考えることが大切です。

カギのトラブルならカギの生活救急車にお任せください